単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

魚介類

「お酒は飲めないの」って言ってるけど☆信じて貰えそうもない、烏賊のワタ焼き♬

サイトマップ きっと「冷酒が合いそうですね」と言われそうな気がする。まさに私もそう思う。もう、お酒は何年も飲んでないけど。。。料理が辛いからね、淡麗辛口の「久保田」あたりかな?千寿か萬寿か。。。 ホントに、お酒は飲めないんですけどね(*^^*) と…

ダイソーの100円オイルサーデンが主役? トマトとズッキーニのオリーブオイル重ね焼き♬

サイトマップ 先日から、真空パックの水煮筍だのこんにゃくだのと記事を書いてきたが、忘れちゃならない、自炊する男性一人暮らしの強い味方と言えば「缶詰」だ。常温で長期保存が利くから、休日の買い出しで取り敢えず買って置いときゃ食材切れの時に何とか…

今夜もお家で小料理屋気分♬ 帆立とおかひじきのぬた

サイトマップ おかひじき、聞きなれない食材だよね。 海藻のひじきの一種かと思われる方もいるかもしれないが、野菜である。昔は砂浜や砂礫地で自生していたが、最近は数も減って絶滅危惧種になっているらしい。 名前の由来は勿論、海藻のひじきに見た目が似…

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」のかれいの煮付け

サイトマップ 前回投稿した「植野食堂」のレシピは第87弾目! 今回は第50弾目!「多け乃」のかれいの煮付け 随分と遡って挑戦するレシピだ。正直、私のお品書きには、品切れと記載していた筈。作る気はなかったのだが、先日いつもの素敵な女性料理ブロガーさ…

揚げ油の最後のお勤め☆真イワシの梅シソ天婦羅♬

サイトマップ こちら北関東も14日に梅雨入りが報じられ、漸く本格的な梅雨空になってきた。 梅雨時期に獲れる真イワシは「入梅イワシ」と言われ、当に旬の時期!脂が乗って美味しくなるこの時期、値段も1尾が70円とお安くなって、食べるしかないでしょ? 塩…

ホントはタタキにしたかった☆鯵の塩焼き♬

サイトマップ 鯵を塩焼きにすることはあまりない。煮付けにしたことはない。鯵はやっぱり新鮮なうちに調理すると、結合組織の中に含むコラーゲンが少ないから、煮付けると身崩れしやすく、焼くと身離れが悪いのは当然だ。逆に捌くのは身離れがよく作業しやす…

ご当地グルメ☆地域の特色?南房総勝浦市式鯵のなめろう♬

サイトマップ いつもの わからん謎深きブロガーさんの「がっつりな和食を希望!」で、 これはないなと、申し訳なく思っていた。がっつり、和食 って難しくない? 漁師飯なら「がっつり」ってイメージが結びつくかな? で、今回は、千葉県勝浦市のご当地グル…

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」のかき揚げ丼

サイトマップ 前回投稿した「植野食堂」のレシピは第80弾目! 今回は第52弾目!「天房」のかき揚げ丼。 最も苦手な分野のレシピが天ぷら。特にイカの天ぷらは衣が剝がれるは、油が跳ねるはでもう大変! 編集長は上手く揚げてたけど、、、 ということでレシピ…

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」の皿うどん

サイトマップ 前回投稿した「植野食堂」のレシピは第63弾目! 今回は第80弾目!「長崎街道」の皿うどん。 長崎県は流石に古くから貿易の栄えた地域だけあって、ご当地グルメには事欠かない。「長崎ちゃんぽん」「長崎皿うどん」「トルコライス」「角煮まん」…

イカはワタまで食い尽くせ☆イカのスパゲッティ・アララッビッアータ♬

サイトマップ 諸事情があって、記事の投稿が前後するのだが、例の「植野食堂」のレシピ(未投稿)で使い残したスルメイカのワタを食らいつくすレシピ。 最近はイカを捌いたことない方も多いと聞く。うちの女子事務員のことだが、ワタをどう使ったらいいのか…

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」の深川めし

サイトマップ 前回投稿した「植野食堂」のレシピは第66弾目! 今回も順番無視するので、判らなくなってた人は、お品書きでご確認を。。。 今回の第70弾目!「深川宿」の深川めし。関西人の私は「深川丼」の方が馴染みが深いが、農林水産省郷土料理100選に選…

ディルを味わう☆鮭の香草チーズパン粉焼き♬

サイトマップ 今更だが、ディルについての考察。ディルは別名イノンドとも呼ばれるセリ科のハーブで、さわやかな香りとほろ苦さが特徴。魚介類、特にサーモンの料理に使われることが多い。茎と葉はディルウィードと呼ばれ、種の部分ディルシードは香辛料に分…

サモン・グラティネ☆平たく言えば、鮭のグラタン♬

サイトマップ グラタンといえば、魚介類あるいは鶏肉などをマカロニとベシャメルで和えたソースを皿に盛り付け、チーズをかけてオーブンで焼いた、所謂マカロニグラタンをイメージするだろう。 元々、グラタンはフランス南東部の郷土料理で、れっきとしたフ…

今更ですが☆鮭のムニエル ほうれん草のクリームソース♬

サイトマップ ムニエルは、(女性の)粉屋という意味。薄力粉を塗して焼く調理法のこと。粉のお陰で表面をカリッと焼き上げやすいので、肉料理でも粉を塗して焼くこともあるが、魚それも白身魚以外ではムニエルとは言わない。ムニエルは、薄力粉を塗した白身…

白身の魚には他ならないが、白身魚のフライではない☆鱈のフライ♬

サイトマップ 白身魚のフライは、白身のお魚をフライにしたもの。確かに間違いではないのだが、私的には、コンビニ弁当によく見るような、紡錘形のフライをイメージする。 ほっかほっか亭が海苔弁当の具材として採用して以来、同業他社や外食産業へも安価な…

鱈と蕪のブレゼ ブルターニュ風♬ 行ったことないけど。。。

サイトマップ ブルターニュは、フランス北西部、大西洋に突き出した半島を中心とした地方。海と森の自然に恵まれた風光明媚でもあり、独特の雰囲気を持った地方。蕎麦粉の生地をクレープ状に焼いて四角く折り畳んだガレットは、最も知られた郷土料理だ。 乳…

優柔不断な休日のひと時☆それもまた楽しむ、しらすの卵とじ丼♬

サイトマップ 休日の朝ごはんですね。掃除、洗濯、布団干し、一通りの家事は休日の朝に纏めてするのが単身赴任者、一人暮らしの常。作業しながら「朝ごはん、何にしようかな?」が口から洩れる。 これが毎日かと思うと、世の奥様方(最近は主夫もいるか)に…

アジのエスカベッシュ☆なぜかジュディ・オングを思い出すのは私だけ?

moidasu サイトマップ エスカベッシュは地中海料理に分類される。南仏、イタリア、ギリシャ、スペインと広く食されているが、日本の南蛮漬けの起源もそうなんだろうか? ブログにも度々登場するスペインバルで食べたアジのエスカベシュは、酸味が優しくてよ…

これでも一応フレンチ? 帆立と大根のレムラードソース♬

サイトマップ レムラードソースは、フランス料理に使われるマヨネーズベースのソースの一つだ。マヨネーズにマスタード、ピクルス、ケイパー、ハーブ、アンチョビなどを加えて作る。語源についてよくわかっていない。 フランスの家庭料理では、単に「レムラ…

今夜もお家でバル気分♬ パエジャ デ マリスコス

サイトマップ スペイン料理と言えばまず、シーフードのパエリアを思い浮かべるはず。 先日、雛祭りに作ったバラ寿司を食べながら思い出していた。結婚前、妻とよく行ってたスペインバルのシェフに聞いた話だ。パエリアは、日本のちらし寿司みたいなもので、…

ちゃちゃっと作れる春色の炒飯!親父の定番ランチでチョコのお返し♬

サイトマップ 桜の開花もぽつぽつ報じられる今日この頃、3月14日はホワイトデーですね。 奥様からのバレンタインのチョコのお返し、今からでも間に合いますよ。14日は丁度休日、お昼ごはんの支度、今日だけでも「俺がちゃちゃっと作るわ」と役所さん風を地で…

今夜もお家で小料理屋気分♬ 鯛かぶら

サイトマップ ケンミンShow極で、大阪府民は京都府民のことを嫌っているみたいなことを放送していた。私は結構好きなんだが、、、 「おばんざい」として知られる京都の毎日のお惣菜には、素敵な料理が多い。手順も丁寧で食材も魅力的だ。中でも聖護院かぶら…

鰺の開き干しで☆アクアパッツァになるのかな~?

サイトマップ 菜の花の辛し和えを作ってもう一品 。鰺の開き干しを焼いて、アサリの味噌汁と、、、 いやいや、気分じゃないな。 大家族の近所の奥さんが、「アジの干物は焼かずに煮る方が早い」って言ってた。なんか旨味が逃げてそうですけどね。 「男子ごは…

今夜もお家でイタリアンバール気分♬ 鯛のリゾット

サイトマップ リゾットはフランス料理と認識している方も多いかと思うが、イタリア料理に分類される。中には、洋風の”おじや”はたまた、洋風雑炊のことだと言う方もいて、残念で仕方ない。 確かに、残りご飯で作ったりしたら、それはもう洋風”おじや”だが、…

鱈の白子のソテー☆蕪のヴルーテソース

サイトマップ フランス料理については、 で、火入れのテクニックこそが、フレンチの神髄と書いた。 だが、一方、フレンチは「ソースの芸術作品」とも言われる。ソースの種類は700種以上あるらしいが、基本となるのは4種のソースだ。アルマンド・ベシャメル・…

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」のカキフライ

サイトマップ 前回投稿した「植野食堂」のレシピは第44弾目! 今回は、前回すっ飛ばした、第39弾、「三州屋」のカキフライ。 同じレベルの牡蠣は入手できないが、それは其れで仕方ない。下処理の方法、パン粉の付け方、揚げ油の種類、単純な料理の割りに手順…

今夜はお家で料亭気分♬ 金目鯛の煮付け 料亭は行ったことないけど。。。

サイトマップ とあるブロガーさんに「最近、肉肉しいね」と言われたからではなく、美味しそうな金目を見つけたから。 料亭と言えば、「前略おふくろ様」を思い出す。1975年秋から日本テレビ系列の金曜劇場で放送されたテレビドラマだ。 第1シリーズは料亭「…

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」のあじの南蛮漬け

サイトマップ 今日は、第37弾『神田新八』さんの「あじの南蛮漬け」の気になるレシピを参考に作ってみます。 その前に、いつもの私の鯵の南蛮漬けは、既に投稿済み。 あくまで参考にするだけなので、完コピ目指す訳ではありませんので、悪しからず。。。 気…

今夜もお家で小料理屋気分♬ ぶりの照焼でほっこり

サイトマップ 先日作った「植野食堂」のぶり大根、ぶりの塩焼き、と作ってきたが、やっぱり和食の定番でもあるぶりの照焼は、甘辛いたれが、ごはんを進めるよねー。 先日の記事にも書いたが、最近の日本の漁業事情。技術の躍進には敬服する。我々世代は、こ…

今夜もお家で小料理屋気分♬ ぶりの塩焼き

サイトマップ 先日、ぶり大根作った時のブリが思いのほか美味しかった。ブリと言えば、てりやきの方が定番だが、是非、塩焼きも試してみたくて、使い残しのブリの切り身をてりやきじゃなく塩焼きにしてみる。 ということで、レシピです。 調理時間:約30分材…