単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も11年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

大根おろすと天ぷら食べたくなりませんか?☆大根おろしがあると罪悪感ゼロですね♪

サイトマップ 

芝居が下手な役者のことを「大根役者」と言う。
通説では、大根は消化がよく食あたりしない食材として知られている。そのため「食あたりしない」が、「当たらない=役者としてヒットしない」という意味にかけたと言われている。

大根を調理する場合、皮を厚めに剥いて、下茹でしてから使うことが多いが、栄養素は皮に近い部分に多く含まれているし、加熱で失われるし、水に溶けだすし。。。
だから私は永らく、大根役者の謂れは、「大根はおろした方がいい」からきているものだと思ってた。

いつものわからん謎深き料理ブロガーさんの記事

tontun.hatenablog.com

大根おろしから連想するのは、天つゆ⇒天ぷら

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

f:id:jet90:20211120180231j:plain

調理時間:約15分
材料費 :400円前後

材 料 (1人分)
 メヒカリ      6尾
 甘エビ       4尾
 南京        2片
 蓮根        2㎝
 牛蒡        15㎝
 サラダ油(揚げ油) 適量

 ~天つゆ~
 水         150ml
 白だし       大さじ2
 みりん       大さじ1
 淡口醤油      大さじ1
 大根おろし     2㎝分くらい

 ~天衣~ 
 薄力粉       50g
 水         80g
 マヨネーズ     大さじ1

作り方

1

メヒカリ、甘エビは流水でサッと洗っておく。
南京は1㎝厚さのくし切り。蓮根は1㎝厚さの輪切り。牛蒡は5㎜角の棒状に切る。

 

2

水、白だし、みりん、淡口醤油をひと煮立させる。
大根は、きれいに洗って、皮のままおろす。(主役の写真忘れたわ)

 

3

 

お好みの天衣を用意して、南京、蓮根、メヒカリの順に、170℃に熱したサラダ油で揚げる。

 

4

残った天衣に牛蒡、甘エビを投入。よく絡めてかき揚げにする。

 

5

揚げた具材はしっかり油を切って盛り付ける。
水気を軽く切った大根を入れた天つゆを添えれば出来上がり。

 

あとがき

大根おろしから連想するもの No.2は出汁巻き卵、No.3は秋刀魚の塩焼き