単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

和食

「お酒は飲めないの」って言ってるけど☆信じて貰えそうもない、烏賊のワタ焼き♬

サイトマップ きっと「冷酒が合いそうですね」と言われそうな気がする。まさに私もそう思う。もう、お酒は何年も飲んでないけど。。。料理が辛いからね、淡麗辛口の「久保田」あたりかな?千寿か萬寿か。。。 ホントに、お酒は飲めないんですけどね(*^^*) と…

炊いた~ご飯に混ぜるだけ♬ 鶏五目ごはん

サイトマップ 先日作ったレシピ でも使った、真空パックの水煮筍。こんにゃく同様、常温で長期保存可能なお助け食材だ。単身赴任者には有難いよね。ただ、開封すると足がはやいし、冷凍に不向きなところも同様ね。 なので、使い残しの水煮筍の救済レシピ。 …

こんなの記事にしていいの? 焼いて剝くだけの焼き茄子♬ 素麺と食べたいね

サイトマップ 茄子の美味しい季節がやってきた。スーパーの生鮮食品売り場に並ぶ茄子も大ぶりで、お安くなっている。この時期一度は作っておきたいレシピが「焼き茄子」だ。 巷でも、「大人になって好きになった料理」の代表格ではなかろうか?だが、熱々の…

今夜もお家で小料理屋気分♬ 帆立とおかひじきのぬた

サイトマップ おかひじき、聞きなれない食材だよね。 海藻のひじきの一種かと思われる方もいるかもしれないが、野菜である。昔は砂浜や砂礫地で自生していたが、最近は数も減って絶滅危惧種になっているらしい。 名前の由来は勿論、海藻のひじきに見た目が似…

揚げ油の最後のお勤め☆真イワシの梅シソ天婦羅♬

サイトマップ こちら北関東も14日に梅雨入りが報じられ、漸く本格的な梅雨空になってきた。 梅雨時期に獲れる真イワシは「入梅イワシ」と言われ、当に旬の時期!脂が乗って美味しくなるこの時期、値段も1尾が70円とお安くなって、食べるしかないでしょ? 塩…

ホントはタタキにしたかった☆鯵の塩焼き♬

サイトマップ 鯵を塩焼きにすることはあまりない。煮付けにしたことはない。鯵はやっぱり新鮮なうちに調理すると、結合組織の中に含むコラーゲンが少ないから、煮付けると身崩れしやすく、焼くと身離れが悪いのは当然だ。逆に捌くのは身離れがよく作業しやす…

和食って、ホントはやっぱり手がかかるんだよね☆帆立とワカメの黄身酢和え♬

サイトマップ これも、お得意様、いつものわからん 謎深き料理ブロガーさんから「酢の物食べてください」と言われましたので。。。 酸っぱいのが苦手な私は、滅多に酢の物は作らないんだが、これなら大丈夫。 和風マヨネーズと言われる黄身酢は、本来の手順…

ゴボウでカサ増し~☆牛肉ゴボウのしぐれ煮♬

サイトマップ いつもの わからん謎深き料理ブロガーさんとのやりとり、「どれも美味しそうですけどね(´・ω・) がっつりな和食希望です!」 酸っぱいのはね、普通の酢の物はちょっと苦手。酢味噌和えとかなら作るが、もう記事にしてるし。 「 酢の物は無いな…

地味って言わないで☆慈悲深い?いえ、滋味深い、牛蒡の和風サラダ♬

サイトマップ 嫁でもないのに、私の体を気遣って下さる慈悲深いブロガーさんがいらっしゃいます。言わずもがなの、いつものわからん謎深き料理ブロガーさんのレシピ tontun.hatenablog.com のコメントに頂いた返信。「ごぼう食べてください」ということで。…

今夜もお家で小料理屋気分♬ 揚げ出汁豆腐

サイトマップ 以前、記事にも書いたが、我社のお昼ごはんタイム。事務所に併設する社員食堂がある。厨房とかはなく、仕出し弁当屋さんの まあ大したことないお弁当を食べるだけの食堂だ。休日出勤の場合は、お弁当屋さんもお休みなので、コンビニのおにぎり…

スープカレーに見えます? 具材たっぷりの☆おかず豚汁♬

サイトマップ 豚汁の記事は三つ目になる。日本各地で愛される豚汁は、基本的には豚肉使うのだが、他の材料に関しては特に決まりがないという、不思議なメニューだ。 少々工夫すれば一本分の記事になるかと思ったんだが、「うだ話」のネタに苦慮している。 「…

今夜もお家で小料理屋気分♬ホタルイカの酢味噌和え

サイトマップ こっち(北関東)に越してきて、もう2年半だ。赴任してすぐだったかな? 「わけぎのぬた」を作ろうと、スーパーに出かけたんだが、関東地方には「わけぎ」ってあらへんの? 売り場でも見かけないんで店員に聞いたら「?」って顔したから「もう…

あなたは、バラ寿司orちらし寿司or五目ずし?

今週のお題「雛祭り」 サイトマップ 近所のスーパー、永谷園の「すし太郎」がうずたかく陳列されていた。そう言えば、もうすぐ桃の節句か?言わずと知れた「すし太郎」温かご飯に混ぜるだけ~♬ の手軽に作れるちらし寿司の素だ。 関西で「ちらし寿司」は、白…

小芋さんとお揚げさんの炊いたん♬

サイトマップ 昨夜の記事 で京都の「おばんざい」について書いたが、おばんざいと言えば「炊いたん」。 京都を中心に関西で広く使われるが、「炊いた物」という意味で使われている。「大根を炊く」とか「南京を炊く」とか言ったりもする。ご飯を炊くの「炊く…

今夜もお家で小料理屋気分♬ 鯛かぶら

サイトマップ ケンミンShow極で、大阪府民は京都府民のことを嫌っているみたいなことを放送していた。私は結構好きなんだが、、、 「おばんざい」として知られる京都の毎日のお惣菜には、素敵な料理が多い。手順も丁寧で食材も魅力的だ。中でも聖護院かぶら…

しっとり、フワフワが好きなんだ。鶏むね肉の天ぷら☆蓮根の擂り流し餡かけ♬

サイトマップ 鶏むね肉の天ぷらは、油断するとパサつきがちだ。銀餡で保険掛けとくかということです。今シーズンはコロナの影響なのか、インフルエンザの感染者が少ない。何年か前、この時期が旬の蓮根は、インフルエンザ予防に効果があるとTV番組でやってた…

普通に鶏団子の鍋にした方が簡単だった☆ロール白菜♬

サイトマップ とあるブロガーさんが、白菜ぐるぐるしてたのを見て、ロール白菜は「和風」だなと思ったので作ってみた。 和風に寄せて作ってみたら、「鍋にした方がお手軽ですね」的なロール白菜。 ということで、レシピです。 調理時間:約60分材料費 :400…

今夜はお家で小料理屋気分♬ 菜の花の辛し和え

サイトマップ タイトルは、今夜も。。。だが、朝食ですけどね。 休日にしか朝食をとらない、単身赴任者ならではの不摂生おやじが、たまには本気で朝食作ろうということで、まず一品。 節分も立春も過ぎ、暦のうえではもう春だが、まだまだ寒い日が続く。三寒…

今夜はお家でお寿司屋気分♬ 茶碗蒸し

サイトマップ 結婚前、「梅田で映画見てから大丸のレストラン街の築地玉寿司で食事」も定番のデートコースの一つ。 子供ができてからは、回転寿司しか行ってない。先日、次男坊に「お寿司、奢ってもろたー。回転寿司、ちゃうでぇ」って言ってた妻の好きな茶…

投稿寸前までタイトルが決まらなかった☆蕪の茎と海老のかき揚げ♬

サイトマップ 前回に引き続き、小蕪の茎の使い切りレシピ。「かき揚げ揚げは、ないかもー」とコメント頂いたのでググってみたら、あら! レシピ少な! 茎、使い切りのために、海老使うのもどうかと思うが、、、 ということでレシピです。 調理時間:約15分材…

蕪の茎とにんじんの胡麻和え♬

サイトマップ 皆さんは、蕪の葉(茎)を捨てずに食べてるのかなと思って。。。塩揉みして浅漬けにすることが多いんですが、たまにはショボネタディビジョンで投稿します。後はナムルか、お浸し、かき揚げかな? ということでレシピです。 調理時間:約10分材…

正解は何なのか分からんけど☆こいもの煮っころがし?

サイトマップ 煮っころがしに使う芋は、新じゃがの小さい芋なのか?里芋の子芋なのか?正解はどっちなんだろ? 新じゃがは、完熟前に収穫したものだから比較的小さいものが多い。普通のじゃがいもに対して小芋だじから、「小芋の煮っころがし」と言っていい…

今夜はお家で料亭気分♬ 金目鯛の煮付け 料亭は行ったことないけど。。。

サイトマップ とあるブロガーさんに「最近、肉肉しいね」と言われたからではなく、美味しそうな金目を見つけたから。 料亭と言えば、「前略おふくろ様」を思い出す。1975年秋から日本テレビ系列の金曜劇場で放送されたテレビドラマだ。 第1シリーズは料亭「…

今夜はお家で小料理屋気分♫ もつ煮込み

サイトマップ 関西で「もつ」は、煮込むよりも焼いて食す方が馴染み深い。いわゆる「ホルモン焼き」だ。大人になるまで煮込んだホルモンは食べたことがなかった。当たり前だが、小料理屋も大人になってからだ。料亭や割烹は敷居が高かったが、小料理屋は馴染…

野菜屑と出汁殻の救済レシピ☆水煮筍で炊き込みご飯♬

サイトマップ お正月料理って特におせち何かは、家族しか食べないにしても、見た目にも拘って作りがちだ。野菜を飾り切りしたり野菜屑が大量発生するし、蒲鉾なんかも端の方は重箱には入れたくないし、二番、三番までとっても捨てるには惜しい出汁殻が出る。…

大阪船場風☆1月2日に食べる すまし仕立てのお雑煮♬

サイトマップ お正月にはどこのご家庭でも食されるお雑煮ということで、昨日は関西風の白味噌仕立てのお雑煮レシピを投稿した。 だが、大阪市内の中央部、阪神高速環状線の内側、北は土佐堀通り、南は長堀通りで区切られた地域の「船場」。古くから大阪商人…

気合入れて作った☆筑前煮♬「お煮しめ」って言っていいかな?

サイトマップ 初めに断っておくが、妻の作る「筑前煮」はとっても美味しい。しかし、年末年始には注意が必要だ。「筑前煮、美味しいね」と言ったら、「お煮しめです!」と返ってくる。何度か踏んだ地雷の一つだ。妻の言うところの「お煮しめ」と普段の「筑前…

今年最初のレシピはやっぱり☆お雑煮でしょ?

サイトマップ ご訪問頂きました皆様、明けましておめでとうございます(*^^)v 今年もどうぞ宜しくお願いいたします。 お正月にはどこのご家庭でも食されるお雑煮の風習だが、その起源は平安時代にまで遡る。新年にやって来ると信じられていた「年神様」へのお…

今夜もお家で小料理屋気分♬ 牛すじ蒟蒻のどて煮でほっこり

サイトマップ 先日作った「牛すじのどて焼」。最近地元大阪でも、「どて焼」と「どて煮」を混同していることがある。何か、嘆かわしい! 名古屋名物として知られる「どて煮」だが、大阪のどて煮はやっぱり白味噌がベース。 ということで、レシピです。 調理…

今夜はお家で立ち飲み屋気分♬ 牛すじ肉のどて焼

サイトマップ 大阪「新世界ジャンジャン横丁」名物と言えば、串かつ?いえいえ、串に刺した「牛すじのどて焼」がホントの名物だ。勿論、串カツも「新世界」の屋台発祥だが、高度経済成長期にキタの梅田界隈のオフィス街で働くサラリーマンの憩いの場となった…