単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

フレンチ

侃々諤々、喧々囂々、大歓迎! 豚肩ロースのコンフィVer.ラード

サイトマップ カンカンガクガク、ケンケンゴウゴウ、五月蠅く騒がしいほどに闊達に意見議論が交わされる様ですね。喧々囂々(ケンケンゴウゴウ)は、正しい日本語ではないとの説もありますが。。。 コンフィは、フレンチの加熱調理法のひとつ。 で記事にした…

大魔王と悪魔はどっちが怖いの?☆鶏もも肉の悪魔風♬ Ver.フレンチ

サイトマップ 大魔王とは、うちの妻のことなんだが、 妻自身が、自分のことを大魔王だと宣言している。 魔王については、ウィキペディアによると「邪悪な神格の頂点、もしくは悪魔や怪物、妖怪などの頭領の呼称」らしい。つまり悪魔や魔物たちの王である。ま…

骨付き鶏もも肉の煮込み南仏風♬ 行ったことないけど。。。

サイトマップ 南仏風とは、読んで字のごとく南フランス風という意味だが、フランス料理界では、主にフランス南東部のプロバンス地方を差すことが多い。以前作った のフランス北西部のブルターニュ地方とは、レシピ的にも対極を為している。 地中海に面した温…

骨付き豚肩ロース肉のステーキ☆シャルキュティエール風♬ フレンチは油断禁物!!

サイトマップ シャルキュティエールはフランス語で豚肉加工職人という意味。フレンチでは、ややマイナーな食材の豚肉に合わせるソースとしては定番中の定番ソースだ。豚肉にかけては専門家ともいうべき職人が、豚肉料理に添えるならこのソースということだろ…

チキンレッグのグリエでよかったかな?☆ソテでもロティでもないし

サイトマップ ちょっと上物の鶏肉が手に入った。こういう時にはシンプルな味付けに限る。調理も「煮る」か「揚げる」か「焼く」かなら、やっぱり「焼く」だろう。肉から染み出た脂もソースもいらないくらい美味しいだろうし。。。 あとはどうやって焼くかな…

お手軽フレンチ☆鶏手羽元のソテー♬ バタークリームソースが癖になる

サイトマップ 白ワインビネガー、バター、生クリームで作る「ソース・ブールブラン」は、フレンチの基本のソースの一つ。濃厚でコクのあるソースで白身魚によく使われるが、鶏肉にもよく合うと思う。本来はエシャロットを煮詰めて香りを立たせるのだが、今回…

サモン・グラティネ☆平たく言えば、鮭のグラタン♬

サイトマップ グラタンといえば、魚介類あるいは鶏肉などをマカロニとベシャメルで和えたソースを皿に盛り付け、チーズをかけてオーブンで焼いた、所謂マカロニグラタンをイメージするだろう。 元々、グラタンはフランス南東部の郷土料理で、れっきとしたフ…

今更ですが☆鮭のムニエル ほうれん草のクリームソース♬

サイトマップ ムニエルは、(女性の)粉屋という意味。薄力粉を塗して焼く調理法のこと。粉のお陰で表面をカリッと焼き上げやすいので、肉料理でも粉を塗して焼くこともあるが、魚それも白身魚以外ではムニエルとは言わない。ムニエルは、薄力粉を塗した白身…

鱈と蕪のブレゼ ブルターニュ風♬ 行ったことないけど。。。

サイトマップ ブルターニュは、フランス北西部、大西洋に突き出した半島を中心とした地方。海と森の自然に恵まれた風光明媚でもあり、独特の雰囲気を持った地方。蕎麦粉の生地をクレープ状に焼いて四角く折り畳んだガレットは、最も知られた郷土料理だ。 乳…

これでも一応フレンチ? 帆立と大根のレムラードソース♬

サイトマップ レムラードソースは、フランス料理に使われるマヨネーズベースのソースの一つだ。マヨネーズにマスタード、ピクルス、ケイパー、ハーブ、アンチョビなどを加えて作る。語源についてよくわかっていない。 フランスの家庭料理では、単に「レムラ…

鱈の白子のソテー☆蕪のヴルーテソース

サイトマップ フランス料理については、 で、火入れのテクニックこそが、フレンチの神髄と書いた。 だが、一方、フレンチは「ソースの芸術作品」とも言われる。ソースの種類は700種以上あるらしいが、基本となるのは4種のソースだ。アルマンド・ベシャメル・…

これでいいの?アルゼンチン赤海老のエチュベ♬

サイトマップ 妻から届いたLINE「最近の記事、茶色ない?」「・・・・・」言われてみれば、である。「もうじきクリスマスやで?」「ローストチキン、焼いたけど?」「茶色いな。。。」「・・・・・」言われてみれば、である。 「キムタクみたいなレシピ無い…

これでも一応フレンチ☆フィレンツェ風クリームスープ♬

サイトマップ スーパーの野菜売り場の一角に、地元農家さんの直売所がある。いつもお世話になってる店員さんの勧めでほうれん草、78円と文句なくお安いので鍋でもしようと購入。 鍋の後、そのまま半端に残ってたほうれん草の救済レシピ。 フランス料理でほう…

メカジキのムニエル☆フレッシュトマトの焦がしバターバルサミコソース♬

サイトマップ 行きつけの近所のスーパーで、切り身のメカジキを勧められた。「骨もないし、調理も簡単よ!」とのこと。魚はそもそも購入頻度が低い。「魚食べるぞ!」と強く思ったときにこそ、購入に踏み切るのだが、メカジキはどう料理しても「魚食べた感」…

真鯛のポアレ シャンピニオンソース 長ネギのエチュベ添え

サイトマップ 予想していた通り、「なんぼ好きやからって、どんだけ とんかつ食べてるん?」と妻からLINEで突っ込まれた。なので、本日は魚料理にする。 近所のスーパーで食材探ししていると、『真鯛(養殖)切り身 1切れ』250円! を発見。170gはありそう。…

Deep Purple♬スペアリブのグリエ ベリーソース

サイトマップ 今週のお題「夏うた」 1974年、Deep Purpleの8枚目のアルバム「Burn」 の1曲目「紫の炎」イアンギラン脱退後の第三期パープル初のシングルカットだ。この曲自体は夏の曲でもないし、Deep Purple も夏をイメージするバンドでもない。完全に私的…

豚バラ肉のコンフィ ハニーマスタードソース マッシュポテト添え

サイトマップ jet90.hatenablog.com で、フレンチの”火入れ”について書いた。その中で、今日は「コンフィ」について。「コンフィ」する食材は、シロップに漬け込む果物の場合もあるが、言葉の意味からしても元は保存手段として生まれた調理手法。油に漬け込…