単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

うちの豚玉は、ばあちゃん秘伝の壱銭焼きが基本!

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

 

当然、私の「ばあちゃん」は2人いるわけだが、一人は「磯野フネ」さん、もう一人は「寺内きん」さんタイプ。今はもう二人ともいないのだが。。。

母方のばあちゃんが、長寿アニメで御馴染み「サザエさん」のお母さん「磯野フネ」さんタイプ、和裁教室で講師をやってた。当然、いつも着物に割烹着姿だった。上品で料理上手。じいちゃんも、ばあちゃんも呉服屋の御曹司とお嬢やったらしい。

父方のばあちゃんが、寺内貫太郎一家の「寺内きん」さん、岡山からの「家出娘」で、大阪のcafeで女中(今だと、キャバ嬢?)をしていて、店のコック(じいちゃん)と略奪婚らしい。じいちゃんは、父が結婚する前に亡くなった。かなり年上やったみたいだ。
ばあちゃんは、いつもお洒落で、お茶目で、可愛い人だったが、料理は??
いつも、焦がした鍋を磨いてた気がする。。。

今日の主役は、きんばあちゃん。

昭和30年頃、ばあちゃんは駄菓子屋で子供相手に壱銭焼きを焼いてた。私が物心ついた頃には廃業してたけど、我が家の食卓は古い業務用の鉄板付きのテーブルやった。小学生の頃の土曜の昼飯はいつも、ばあちゃんの豚玉と新喜劇やった。

子供の頃、うちのお好み焼きはちょっと違うなと思ってた。ばあちゃんから作り方を習った妻もよく作ってくれた。

妻に「コツを教えて」と頼んだことがある。
「おばあちゃんに聞いたら?」と、妻。
ばあちゃんは、もう亡くなってるし。。。

うちの豚玉の第一伝承者にはかないませんがレシピ通りに作るとそこそこいけます。

 

ということで、レシピです。

 

 

 

f:id:jet90:20200918203513j:plain

調理時間:約15分
材料費 :300円前後 

材 料 (1人分)
 ☆小麦粉          30g
 ☆水            80ml
 ☆ほんだし         小さじ1/2
 ☆卵            1/2個
 ☆鰹の削粉         小さじ1/2
 サラダ油          適量
 キャベツ(ぜったい寒玉)  80g
 天かす           大さじ1
 干しエビ          小さじ1/2
 長ネギ(青いとこ)     2つまみ
 竹輪            1/2本
 紅ショウガ         1つまみ
 豚バラ薄切り肉       40g
 ★とんかつソース      大さじ1
 ★ウスターソース      大さじ1
 ★マヨネーズ        大さじ1
 ★青海苔粉         1つまみ
 ★花かつお         適量

作り方

1

写真をのせる

今回も、いつものダイソーさんで購入した、天かす・青海苔粉を使います。どちらも100円です。

 

2

写真をのせる

☆生地の材料をすべてボウルに入れてよく混ぜ合わせる。
結構、シャバシャバの生地です。

 

3

写真をのせる

フライパンにサラダ油を引いてよく温め、2の生地をレードルで1杯分、クレープのように広げて焼く。生地の上にキャベツを盛って、食材を載せていく。最後に豚バラ肉を広げて乗せる。

 

4

写真をのせる

豚バラ肉の上から、レードル1杯分の生地をかける。

 

5

写真をのせる

裏面が程よく焼けたらひっくり返して、更に焼く。

 

6

写真をのせる

表面も程よく焼けたら
事前に混ぜ合わせた★のとんかつソース、ウスターソース、マヨネーズを塗って、青海苔粉、花かつおを振って、皿に盛り付け出来上がり。

 

 

あとがき

関西人は、お好み焼きを”おかず”にご飯を食べると思われがちです。

否定はしません。お店で「お好み焼き定食」があったりしますから。でも、お好み焼きは、͡鉄板で焼きながら食べるので、箸に持ち替える必要のあるご飯はあまり食べません。
どちらかと言えば、「焼きそば定食」の方が一般的な気がします。

ところで、鉄板の上でお好み焼きを切りながら口に運ぶ、あのステンレスのアレ、皆さんは何て呼びます?

「コテ」?「テコ」?「ヘラ」?

炊飯器で出来る!!ローストポーク☆バルサミコソース

近所のスーパーで、100gが148円で並んでいたので思わず手に取った豚ももの塊肉。

鶏むね肉同様、パサつきがちなもも肉は、低温調理がお勧めだ。
本日の低温調理レシピで使うのは、

①炊飯器の保温機能
通常、食事時間に合わせて炊き上がる。5合炊いて、4合はすぐに冷凍するので保温機能は使わないが、一般的な電気炊飯器の保温温度は70℃~73℃くらい。低温調理には丁度いい。

②熱量保存の法則
中学生の理科レベルの知識。「低温物質の吸収熱は高温物体の放出熱に等しい」
・温度の高い物体と低い物体を接触させると、必ず高い方から低い方へと熱が移動する。その逆は無い。(=熱伝導)
接触させてしばらく時間が経つと、2つの物体の温度は等しくなり、熱移動が無くなる。(=熱平衡状態)
・この時、高温物体が放出した熱量と、低温物体が得た熱量は等しくなる。(=熱量の保存)

③一次方程式
中学生の算数レベルの知識。まだわかっていない数( 未知数)を含み、その未知数が特定の値をとるときだけに成立する等式。この特定の値を解または根といい。解や根を求めることを方程式を解く、という。

④勘

要は、炊飯器にお湯を入れて、もも肉を沈め、保温スイッチをON!
あとは、何分間かほったらかすだけ。

 

条件1:保温機能のある炊飯器が必要。
条件2:もも肉がきちんと漬かる量のお湯が必要。
条件3:お湯の温度は、60℃~70℃にしておく必要がある。
条件4:完全に火を通したいけど、しっとり感も残る絶妙の調理時間が必要。

 

先ずはお湯の量。ザっと1000mlあれば十分みたいだ。(勘です)
お湯の温度は、熱湯(100℃)に水を足して調整する。室温が25℃くらいだから汲み置いた水も25℃くらいだろう。(勘です)
熱湯と水、半々でいいんじゃね?(勘です)ということで試してみる。

熱湯500mlと水500mlを混ぜると、熱湯から水へ熱量が移動して均一な温度(X℃)になる。
熱湯が失った熱量Aは、500[ml] ×(100ーX)[℃] 
水が得た熱量Bは、500[ml] ×(Xー25)[℃]
A=B だから、 500(100-X)=500(X-25)
両辺を500で割って、展開すると、 100-X=X-25
左辺にXを纏めると、  -2X=-125           X-62.5

62.5℃ ばっちりじゃない?                              

あとは調理時間。 ここは勘に頼って。。。

 

と言う訳で、レシピです。

 

 

f:id:jet90:20200915223320j:plain

調理時間:2時間
材料費 :500円前後(3人分)

材 料 (3人分)
 豚もも塊肉       400g
 なるとの塩       4g
 黒胡椒         適量
 ニンニク(スライス)  1片
 サラダ油        大さじ2
 熱湯          500ml
 水           500ml
 バルサミコ酢      25ml
 赤ワイン        25ml
 砂糖          大さじ
 バター         5g

作り方

1

写真をのせる

豚もも肉の余分な脂を取り除き、キッチンペーパーで水分を拭き取っておく。 

 

2

写真をのせる

なるとの塩(肉の1%重量)と黒胡椒を全体に塗し、常温に1時間程置く。 

 

3

写真をのせる

フライパンにサラダ油とニンニクを入れて中火にかける。
ニンニクが色づいたら取り出しておく。 

 

4

写真をのせる

豚もも肉の全面を焼く。 

 

5

写真をのせる

立てるようにして、6面しっかり焼き色がつくまで焼く。 

 

6

写真をのせる

もも肉の上にニンニクを置いて、ラップできっちり包む。
ビニール袋に入れてしっかり口を縛り、密閉袋に入れて空気を抜く。 

 

7

写真をのせる

炊飯器に熱湯と水を入れて、豚もも肉を投入。
小皿を重し代わりに置いて、豚もも肉を沈めておく。 
炊飯器を保温状態にして1時間放置。

 

8

写真をのせる

豚もも肉は粗熱を取る。 
バルサミコ酢は、カルディで購入。

 

9

写真をのせる

空いたフライパンに、バルサミコ酢、バター、赤ワイン、砂糖を入れて火にかけ、1/5くらいになるまで煮詰める。 

 

10

写真をのせる

豚もも肉を5mm幅に切り、バルサミコソースを回しかければ出来上がり。 

 

あとがき

難しい火加減は炊飯器にお任せ。。。
時間は、もも肉の形によっても変わるけど、1時間で大丈夫みたい(*^^)v

バルサミコ酢のコクと程よい酸味と優しい甘味の基本のバルサミコソースです。
醤油や蜂蜜でアレンジしてもOK!

 

「何の変哲もない」チキンカツの変哲に救われた♬

 このブログの料理のレシピだが、必ずしもその日食べた料理を記事にしているわけではない。
①多めに作った時には、連荘で食べます。
②写真に撮ってみると、イマイチ気に入らないこともたまにはある。いや、しばしばある。
③美味しくなると思って作っても、そうならないこともしばしばある。いや、よくある。
④レシピに見合った「うだ話」が思いつかないこともしばしばある。いや、とてもよくある。

理由は以上だが、兎に角、毎日最低1件は、記事を書いている。
だから過去に別のレシピサイトに投稿したレシピを記事にすることもある。そのサイトでも一応、レシピと「うだ話」はリンクしている。

もうお気づきかもしれないが、今日のレシピの「うだ話」が思いつかない。正直、「何の変哲もないチキンカツ」です。

「変哲?!」    へんてつって何?

「何の変哲もない」は、なんの変わったところもない、とか 何の特徴もない、とかっていう意味だから、『変哲=非凡なところor珍しいところ』という事か?
しかし、この「変哲」
「何の変哲もない」以外の言い回しを聞いたことがない。

似た言葉に「変梃(ヘンテコ)」があるが、「非凡なところ」「珍しいところ」が滑稽だったり奇妙だったりした様をいう。

梃は、テコの原理でいうところのテコである。
なぜこの字が使われるのか? ご存じの方、是非教えて頂きたい。

 

ということで、レシピです。

 

 

f:id:jet90:20200913211259j:plain

蝶理時間:15分(解凍時間は除く)
材料費 500円前後(2人分)

材 料 (2人分)
 鶏むね肉        1枚
 酒           大さじ1
 なるとの塩       二つまみ
 S&B塩こしょう     少々
 ~変則バッター液~
 ☆薄力粉        大さじ2
 ☆水          大さじ2
 ☆マヨネーズ      小さじ1
 パン粉         適量
 サラダ油(揚げ油)   適量
 ~赤いソース~
 いつものトマトソース  大さじ2
 ケチャップ       小さじ1
 トマトペースト     小さじ1
 ~白いソース~ 
 ピザチーズ       大さじ2
 白ワイン        大さじ1
 顆粒コンソメ      小さじ1/2
 なるとの塩       一つまみ
 ~付け合わせ~
 レタス         適量

 パセリのみじん切り   少々

作り方

1

写真をのせる

前日、ビニール袋に、なるとの塩と酒を入れよく溶かしておき、鶏むね肉を入れて空気を抜いて密封して冷蔵庫に置いておく。
むね肉をしっとり、ジューシーにする下処理です。
一晩以上置いたら、袋から鶏むね肉を取り出して皮と余分な脂肪を取り除く。
 

2

写真をのせる

キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取り、ひと口大にそぎ切りにする。 
むね肉の両面にS&B塩こしょうを振っておく。

 

3

写真をのせる

ボウルに、☆の材料を全て入れよくかき混ぜて、変則バッター液を作る。 

 

4

写真をのせる

鶏むね肉をバッター液に潜らせてパン粉をつける。 

 

5

写真をのせる

パン粉はいつものように、大きめのボウルを使います。 

 

6

写真をのせる

170度に熱した揚げ油でチキンカツをカリッと揚げる。
揚げ上がったら、しっかり油を切っておく。 

 

7

写真をのせる

いつものトマトソースは、下記参照下さい。

jet90.hatenablog.com

 耐熱容器に、赤いソースの材料を全て入れ、電子レンジ600Wで1分加熱し、よくかき混ぜる。
トマトペーストは、カルディで購入。

 

8

写真をのせる

耐熱容器に、白いソースの材料を全て入れ、電子レンジ600Wで1分加熱し、よくかき混ぜる。 

 

9

写真をのせる

さらにレタスを盛り付け、2種類のソースを敷く。 

 

10

写真をのせる

チキンカツを盛り付け、パセリのみじん切りを散らせば出来上がり。

 

あとがき

 

むね肉は淡白で、変哲がないので、ソースは2種類用意しました。

メキシコ料理って答えたら「頓珍漢」☆チリ・コン・カルネ♬

今日もまた、申し訳ないが妻とのデート話からスタートする。
結婚前の彼女とは休みが合わず、デートは専ら平日だった。彼女の会社の前に停めた車の中で、仕事を終えて退社してきた彼女を助手席に乗せるところから始まる。
チョットしたデートスポットに寄って、食事してってのがデートコースになる。

平日の朝から何してるんだ?と気になる方、いるのかな?
私は前日の夜中に出発して、早朝から琵琶湖のゲレンデでJETに乗ってた。渋滞にはまって遅れることもあるわけで、そんな時には行きつけの「スペインバルで食事だけ」がデートコースになる。

「チリ・コン・カルネ」は、その店でもよく注文した。
スペイン語では”カルネ”だが、英語では”カーニ”が正しい発音
「チリ・コン・カン」はメキシコ料理と誤解されている方も多いかもしれないが、アメリカ料理に分類される。メキシコから独立してアメリカに併合されたテキサス州南部が発祥の料理で、アメリカでは単に「チリ」とか「チリ・ビーンズ」と呼ばれている代表的な国民食だ。

私の場合、「チリ・コン・カン」と聞けば、ほぼ100% 「とん・ちん・かん」を思い出す。頓珍漢は、「物事の辻褄が合わないさま」「ちぐはぐな状態」「間抜けな言動をする人」という意味だが。。。

アメリカの人気ドラマ『奥さまは魔女』のヒットをきっかけとした、日本初の少女向けアニメ、1966年TV放映の「魔法使いサリー」。主人公のサリーの人間界の同級生「花村  よし子」の三つ子の弟が、「花村 トン吉、花村 チン平、花村 カン太」

「花村  よし子」は、笑福亭笑瓶の 物まねネタで有名だね。

 

と言う訳でレシピです。

 

 

f:id:jet90:20200913165152j:plain

蝶理時間:20分
材料費 :500円前後(4人分)

材 料 (4人分)
 ミックスビーンズ(水煮) 100g
 挽き
肉と玉ねぎ炒めたやつ 100g
 
オリーブオイル      適量
 
クミンシード       少々
 鷹の爪(輪切り)     1本分
 
ニンニク(みじん切り)  1片
 S&B塩こしょう      適量
 パプリカパウダー     少々
 ガラムマサラ       小さじ2
 ナツメグパウダー     小さじ1
 にんじん(みじん切り)  50g
 水煮
トマト缶       100g
 
ローリエ         1/2
 キューブ
コンソメ     1/4個
 
ケチャップ        小さじ1
 はちみつ         少々
 ウスターソース      小さじ1
 赤ワイン         大さじ1
 チリパウダー       大さじ1
 トルティーヤチップス   適量 

作り方

1

写真をのせる

「挽き肉と玉ねぎ炒めたやつ」は下記参照下さい。

jet90.hatenablog.com

 鷹の爪の種は使いません。

 

2

写真をのせる

フライパンにオリーブオイル、クミンシード、ニンニク、鷹の爪を入れて中火かけて、沸々してくるまで炒める。

  

3

写真をのせる

香りが立ったら、「挽き肉と玉ねぎ炒めたやつ」、S&B塩こしょう、パプリカパウダー、ガラムマサラナツメグパウダーを加えて中火で炒める。

 

4

写真をのせる

ニンジンを加えて火が通るまで炒める。 

 

5

写真をのせる

 ミックスビーンズを投入。水煮トマト缶、ローリエキューブコンソメケチャップ、はちみつ、ウスターソース、赤ワインを加えて、蓋をして弱火で5分煮る。

 

6

写真をのせる

煮詰まって水気が1/3くらいになったらチリパウダーを加えて火にかける。
サッと混ぜ合わさったら火から下ろす。

 

写真をのせる

トルティーヤチップスはカルディさんで購入。 

 

8

写真をのせる

チリコンカルネを器に盛り、トルティーヤチップスを添えれば出来上がり。

 

あとがき

ミックスビーンズは、3種類(ガルバンゾレッドキドニー、マローファットピース)

火から下ろす直前にチリパウダーで辛みを付けます。辛さを加減しながら加えてください。

新婚時代、家飲みする妻によく作ってました。辛いとお酒が進むのでご注意ください(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

山梨県ってどこ? ご当地グルメ☆地域の特色?甲府鳥もつ煮♬

山梨県は、南に富士山、西に赤石山脈南アルプス)、北に八ヶ岳、東に奥秩父山地など、標高2,000 m3,000m級の山々に囲まれ、東京都、神奈川県、埼玉県、長野県、静岡県に隣接する海に面しない内陸県である。

今年は長梅雨が明けたかと思うと、9月になっても酷暑が続き、危険な暑さを事前に知らせるための新たな試み「熱中症警戒アラート(試行)」がスタートした。

山梨県、入ってるやん!

地理的には、中部地方或いは甲信越地方と呼ばれる山梨県と長野県が含まれている。

コロナ禍に関東地方知事会でのオンライン会議に小池都知事とともに参加していた、長崎幸太郎山梨県知事にお気づきでしたか?

行政や経済では関東地方ないし広域関東圏の一部という面が強い。中部圏知事会のメンバーではなく、関東地方知事会メンバーである。また、首都圏整備法の対象地域でもある山梨県
衆議院比例代表ブロックでは神奈川県・千葉県とともに南関東ブロックとなっている。

県庁所在地及び最大の都市は甲府市であり、2010開催の「第5B-1グランプリ」に初出場で優勝を獲得した『甲府鳥もつ煮』が有名。

 

 と言う訳で、レシピです。

 

f:id:jet90:20200912170834j:plain

調理時間:約30分
材料費 :500円前後(2人分)

材 料 (2人分)
 レバーとハツ     200g
 砂肝         80g
 キンカン       5個
 ☆みりん       大さじ4
 ☆酒         大さじ4
 ☆砂糖        大さじ1
 ☆醤油        大さじ2
 生姜(千切り)    1片
 青ネギ(小口切り)  適量

作り方

1

写真をのせる

画像下側の鶏肝とハツの薄膜、脂肪、筋、血合いを取り除き、ハツと肝は3~4個に分ける。
ハツは縦に観音に開いておく。

 

2

写真をのせる

ザルに取って、流水で洗い、残った血合いを取る。

 

3