単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

鶏ごぼう炊き込みご飯☆チョット背伸びして土鍋で炊いてみた♬

サイトマップ 

普通、炊き込みご飯は炊飯器で作るのだが、いつもの素敵な女性料理ブロガーさんのレシピ

mlittle.work

に触発されて、土鍋で炊いてみた。
よくよく考えると、土鍋の大きさ違うよね。うちのは単身赴任者用と言う訳ではないが、19㎝のサイズ。材料揃えてから気が付いた( ゚Д゚)

材料と言えば、鶏肉とごぼう、椎茸・蓮根・人参。鶏五目炊き込みご飯でもいいか?
と思ったが、「鶏ごぼう」ってよく耳にする。なんで、牛蒡だけフィーチャーされるのか?

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

f:id:jet90:20211002204406j:plain

調理時間:約40分
材料費 :400円前後

材 料 (3人分)
 鶏モモ肉(スネ側)   150g
 ごぼう         1/2本
 れんこん        50g
 しいたけ        2枚
 にんじん        30g
 米           2合
 水           360ml
 なるとの塩       小さじ1
 淡口醤油        大さじ2
 酒           大さじ3
 出汁昆布        5g
 生姜(皮のまま千切り) 1片
 きぬさや        適量

作り方

1

 

鶏モモ肉を流水で洗い、皮と筋、余分な脂を取り除く。
今回は細かく切るので、スネ側を使います。

 

2

鶏肉は1㎝角くらいに細かく切る。
ごぼうは斜めに薄切り。れんこんは3㎜厚さの半月切り。椎茸も薄く切る。人参は短冊切り。

 

3

米を洗ってザルに揚げて30分ほど浸水する。

 

4

土鍋に米と水、なるとの塩、淡口醬油、酒を入れてよく混ぜ、出汁昆布を載せ、千切り生姜を入れる。

 

5

ごぼう、れんこん、にんじん、しいたけ、鶏肉の順に入れる。

 

6

土鍋に蓋をかけ、強火で沸騰するまで火にかける。
弱火にして13分炊く。
12分40秒で火が消えた。うちのコンロは温調機能が付いてるから水分が無くなって消えたのね。再度火をつけて、パチパチ音がしたらおこげが出来てる感じ。
火を止めて15分蒸らせば完成。
いつもは厄介に思ってる温調機能が、思わぬところで役に立った。

 

6

お茶碗に盛り付け、きぬさやをあしらえば出来上がり。
きつねうどんと一緒に頂きました。

 

あとがき

うどん作ってる合間にできますね。