単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

和食

小芋さんとお揚げさんの炊いたん♬

サイトマップ 昨夜の記事 で京都の「おばんざい」について書いたが、おばんざいと言えば「炊いたん」。 京都を中心に関西で広く使われるが、「炊いた物」という意味で使われている。「大根を炊く」とか「南京を炊く」とか言ったりもする。ご飯を炊くの「炊く…

今夜もお家で小料理屋気分♬ 鯛かぶら

サイトマップ ケンミンShow極で、大阪府民は京都府民のことを嫌っているみたいなことを放送していた。私は結構好きなんだが、、、 「おばんざい」として知られる京都の毎日のお惣菜には、素敵な料理が多い。手順も丁寧で食材も魅力的だ。中でも聖護院かぶら…

しっとり、フワフワが好きなんだ。鶏むね肉の天ぷら☆蓮根の擂り流し餡かけ♬

サイトマップ 鶏むね肉の天ぷらは、油断するとパサつきがちだ。銀餡で保険掛けとくかということです。今シーズンはコロナの影響なのか、インフルエンザの感染者が少ない。何年か前、この時期が旬の蓮根は、インフルエンザ予防に効果があるとTV番組でやってた…

普通に鶏団子の鍋にした方が簡単だった☆ロール白菜♬

サイトマップ とあるブロガーさんが、白菜ぐるぐるしてたのを見て、ロール白菜は「和風」だなと思ったので作ってみた。 和風に寄せて作ってみたら、「鍋にした方がお手軽ですね」的なロール白菜。 ということで、レシピです。 調理時間:約60分材料費 :400…

今夜はお家で小料理屋気分♬ 菜の花の辛し和え

サイトマップ タイトルは、今夜も。。。だが、朝食ですけどね。 休日にしか朝食をとらない、単身赴任者ならではの不摂生おやじが、たまには本気で朝食作ろうということで、まず一品。 節分も立春も過ぎ、暦のうえではもう春だが、まだまだ寒い日が続く。三寒…

今夜はお家でお寿司屋気分♬ 茶碗蒸し

サイトマップ 結婚前、「梅田で映画見てから大丸のレストラン街の築地玉寿司で食事」も定番のデートコースの一つ。 子供ができてからは、回転寿司しか行ってない。先日、次男坊に「お寿司、奢ってもろたー。回転寿司、ちゃうでぇ」って言ってた妻の好きな茶…

投稿寸前までタイトルが決まらなかった☆蕪の茎と海老のかき揚げ♬

サイトマップ 前回に引き続き、小蕪の茎の使い切りレシピ。「かき揚げ揚げは、ないかもー」とコメント頂いたのでググってみたら、あら! レシピ少な! 茎、使い切りのために、海老使うのもどうかと思うが、、、 ということでレシピです。 調理時間:約15分材…

蕪の茎とにんじんの胡麻和え♬

サイトマップ 皆さんは、蕪の葉(茎)を捨てずに食べてるのかなと思って。。。塩揉みして浅漬けにすることが多いんですが、たまにはショボネタディビジョンで投稿します。後はナムルか、お浸し、かき揚げかな? ということでレシピです。 調理時間:約10分材…

正解は何なのか分からんけど☆こいもの煮っころがし?

サイトマップ 煮っころがしに使う芋は、新じゃがの小さい芋なのか?里芋の子芋なのか?正解はどっちなんだろ? 新じゃがは、完熟前に収穫したものだから比較的小さいものが多い。普通のじゃがいもに対して小芋だじから、「小芋の煮っころがし」と言っていい…

今夜はお家で料亭気分♬ 金目鯛の煮付け 料亭は行ったことないけど。。。

サイトマップ とあるブロガーさんに「最近、肉肉しいね」と言われたからではなく、美味しそうな金目を見つけたから。 料亭と言えば、「前略おふくろ様」を思い出す。1975年秋から日本テレビ系列の金曜劇場で放送されたテレビドラマだ。 第1シリーズは料亭「…

今夜はお家で小料理屋気分♫ もつ煮込み

サイトマップ 関西で「もつ」は、煮込むよりも焼いて食す方が馴染み深い。いわゆる「ホルモン焼き」だ。大人になるまで煮込んだホルモンは食べたことがなかった。当たり前だが、小料理屋も大人になってからだ。料亭や割烹は敷居が高かったが、小料理屋は馴染…

野菜屑と出汁殻の救済レシピ☆水煮筍で炊き込みご飯♬

サイトマップ お正月料理って特におせち何かは、家族しか食べないにしても、見た目にも拘って作りがちだ。野菜を飾り切りしたり野菜屑が大量発生するし、蒲鉾なんかも端の方は重箱には入れたくないし、二番、三番までとっても捨てるには惜しい出汁殻が出る。…

大阪船場風☆1月2日に食べる すまし仕立てのお雑煮♬

サイトマップ お正月にはどこのご家庭でも食されるお雑煮ということで、昨日は関西風の白味噌仕立てのお雑煮レシピを投稿した。 だが、大阪市内の中央部、阪神高速環状線の内側、北は土佐堀通り、南は長堀通りで区切られた地域の「船場」。古くから大阪商人…

気合入れて作った☆筑前煮♬「お煮しめ」って言っていいかな?

サイトマップ 初めに断っておくが、妻の作る「筑前煮」はとっても美味しい。しかし、年末年始には注意が必要だ。「筑前煮、美味しいね」と言ったら、「お煮しめです!」と返ってくる。何度か踏んだ地雷の一つだ。妻の言うところの「お煮しめ」と普段の「筑前…

今年最初のレシピはやっぱり☆お雑煮でしょ?

サイトマップ ご訪問頂きました皆様、明けましておめでとうございます(*^^)v 今年もどうぞ宜しくお願いいたします。 お正月にはどこのご家庭でも食されるお雑煮の風習だが、その起源は平安時代にまで遡る。新年にやって来ると信じられていた「年神様」へのお…

今夜もお家で小料理屋気分♬ 牛すじ蒟蒻のどて煮でほっこり

サイトマップ 先日作った「牛すじのどて焼」。最近地元大阪でも、「どて焼」と「どて煮」を混同していることがある。何か、嘆かわしい! 名古屋名物として知られる「どて煮」だが、大阪のどて煮はやっぱり白味噌がベース。 ということで、レシピです。 調理…

今夜はお家で立ち飲み屋気分♬ 牛すじ肉のどて焼

サイトマップ 大阪「新世界ジャンジャン横丁」名物と言えば、串かつ?いえいえ、串に刺した「牛すじのどて焼」がホントの名物だ。勿論、串カツも「新世界」の屋台発祥だが、高度経済成長期にキタの梅田界隈のオフィス街で働くサラリーマンの憩いの場となった…

冷蔵庫の余剰食材の救済レシピ☆基本の豚汁♬

サイトマップ 雑誌「dancyu」編集長、植野広生の冠番組“日本一ふつうで美味しい 植野食堂”の気になるレシピ。次は第26弾の『のもと家』の「豚汁」だ。関東一の「とんかつ」と名高い名店『のもと家』言わずと知れたとんかつ専門店が提供する豚汁に魅か…

今夜もお家で小料理屋気分♬ ぶりの照焼でほっこり

サイトマップ 先日作った「植野食堂」のぶり大根、ぶりの塩焼き、と作ってきたが、やっぱり和食の定番でもあるぶりの照焼は、甘辛いたれが、ごはんを進めるよねー。 先日の記事にも書いたが、最近の日本の漁業事情。技術の躍進には敬服する。我々世代は、こ…

12月21日!今日は冬至だ、南京のそぼろ煮♬

サイトマップ パンプキンスープで残った南京でそぼろ煮。 画像の中にチラッと写っている柚子は、南京と一緒にスーパーで購入。皮目がちょっと黒くなってて、「柚子湯用に!」とポップがあったが、食用でも使えそう(*^^)v ということで、レシピです。 調理時…

今夜もお家で小料理屋気分♬ ぶりの塩焼き

サイトマップ 先日、ぶり大根作った時のブリが思いのほか美味しかった。ブリと言えば、てりやきの方が定番だが、是非、塩焼きも試してみたくて、使い残しのブリの切り身をてりやきじゃなく塩焼きにしてみる。 ということで、レシピです。 調理時間:約30分材…

今夜もお家で小料理屋気分♫ ぶり大根でほっこり

サイトマップ 「植野食堂」のレシピ、第24弾『三漁洞』の「ぶり大根」。 『三漁洞』の「ぶり大根」は、ぶりの切り身を使った見た目にもきれいな仕上がりだ。お店で提供する「ぶり大根」なら見た目と食べやすさも重要ポイントだろう。 通常、我が家には「ぶり…

そぼろは二色なんだけどね☆五色のそぼろ丼って言っといてもいい?

サイトマップ 昨日の記事を読んで下さった皆さん、ちょっとひねりました(*^^)v 「三色そぼろ丼」作ると匂わせて、1色増やしたら楽しいかなと「四色そぼろ丼」を考えたが、語呂も悪いし「五色そぼろ丼」の方が料理としては相応しいだろう。 五色、で思い出す…

ザ、店やもんの王道、定番の天丼♬

サイトマップ 2020年もとうとう師走に突入。正月に大阪に帰省していたのがついこないだのことのようだ。 今年、コロナ禍出迎える年末年始は、帰省すべきかどうか思案中だ。実家の大阪は、感染拡大が深刻で、「医療崩壊」「緊急事態宣言」も取り沙汰されてい…

テリテリ、べっ甲色の大根が良かったのに~☆豚バラ大根 

サイトマップ とある料理ブロガーさんの記事を見て、べっ甲色の大根が食べたくなった。巷には「合わせ調味料」という便利な ~の素 的な商品がある。「麻婆豆腐」や「酢豚」ならチョットだけ使う調味料も揃える必要もないし、調味のバランスに失敗することも…

おせちにはちょっと早いね☆出汁が決め手の、高野豆腐の含め煮

サイトマップ 和食の出汁に含まれる旨味成分は、出汁の素材によって種類が異なり、それぞれ特徴がある。基本的には単一の旨味成分よりも、複数を組み合わせた方がより強く旨味を感じることができる。「旨味の相乗効果」と呼ばれる所以なのだが、今回は、鰹出…

映えませんね~☆爆発もしませんが、鶏とキノコのかやくご飯♬

サイトマップ 天婦羅を揚げるために、揚げ油を新品に取り換えた。この際折角だから、かき揚げも揚げておこうってことに。かやくご飯でも炊いとけばそれなりの献立になるのでは? 炊き込みご飯や五目ご飯は、関西では「かやくご飯」と呼ばれることが多い。関…

天ぷらの後片付けにも☆かき揚げ作っておけば何とかなる

サイトマップ 天婦羅作った時の衣が残ったので、かき揚げも揚げておこうってことに。 かやくご飯とかき揚げで1食献立分の献立になった。翌日の昼ご飯に、かき揚げ天婦羅うどんもいいかな~ ということで、レシピです。 調理時間:約15分材料費 :100円前後 …

天婦羅の盛り合わせ、やっぱ難しい!

サイトマップ 天ぷらは、鮨、蕎麦とあわせて、江戸の三味と称される。今や日本全国で食される天ぷらも、江戸の郷土料理の一つとされている。 元々は江戸時代に屋台で食べられた庶民的料理あったが、幕末には店舗を構える天ぷら専門店が取って代り、屋台の天…

「ふろふき大根」には、柚子味噌が絶対おすすめ♬

サイトマップ 柚子の香りと柔らかい大根が体を芯から温めてくる。 柚子と一緒に練り上げた白味噌はまるでジャムのよう。真っ白でありながら、味のしゅんだ大根との相性は抜群だ。 ふろふき大根を美味しいな~と思うようになった頃、大人になったのかなと思っ…