単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

サモン・グラティネ☆平たく言えば、鮭のグラタン♬

サイトマップ 

グラタンといえば、魚介類あるいは鶏肉などをマカロニとベシャメルで和えたソースを皿に盛り付け、チーズをかけてオーブンで焼いた、所謂マカロニグラタンをイメージするだろう。

元々、グラタンはフランス南東部の郷土料理で、れっきとしたフレンチである。
料理名というよりはむしろ、「オーブンで表面に焦げ目をつける」調理名がグラタン。本来のフランス語の意味も「鍋のおこげ」だから、その手順で焦げ目がついた料理は全てグラタンという。

先日作ったカルボナーラのソースで、グラタンも出来るなと思い作ってみた。 

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

f:id:jet90:20210405222149j:plain

調理時間:約30分
材料費 :300円前後

材 料 (1人分)
 ニンニク       1片
 玉ねぎ        1/4個
 ブロッコリー     2房
 南京         2片
 マッシュルーム    1個
 鮭の切り身      100g1切れ
 なるとの塩      1g
 薄力粉        適量
 オリーブオイル    小さじ1
 バター        5g
 オリーブオイル    小さじ1
 バター        5g
 なるとの塩      一つまみ
 白ワイン       大さじ1
 水          大さじ1
 白だし        小さじ1
 生クリーム      50ml
 卵黄         1個分
 トマト        1/4個
 ピザチーズ      適量
 ディル        1本

作り方

1

にんにくはみじん切り、玉ねぎはできるだけ薄くくし切り、あとブロッコリー、マッシュルーム、南京

シャンピニオンのトゥルネは練習中です。気にしないでください。

 

2

 

鮭の切り身は皮を剝ぐ。ちょっと身も削った(≧◇≦)

 

3

 

鮭の切り身の両面になるとの塩を振って10分ほど置く。
表面に水分が滲んでくるので、キッチンペーパーでしっかり水気を拭き取る。

 

4

 

薄力粉を薄く叩いて、オリーブオイルとバターを中火で熱したフライパンに鮭の切り身の身の側から焼く。

 

5

両面、カリッと焼いたら火から降ろしておく。

 

6

 

小鍋にオリーブオイルとバター、ニンニクを入れて弱火にかけ、沸々してくるまで炒める。

 

7

 

玉ねぎを加えてなるとの塩を振って、しんなりするまで炒める。
決して焦がさないこと。
ブロッコリー、南京、マッシュルームを加えたら白ワインを投入して中火にする。
アルコールを飛ばして、水と白出汁を加える。

 

8

 

生クリームを加えて沸々するまで煮て火を止める。
卵黄、マヨネーズを加えて手早く混ぜ合わせる。

 

9

 

グラタン皿にスライスしたトマトを飾り、ソースを流し入れ、中央に鮭を身の側を上にして置いてピザチーズを載せる。

 

10

 

トースターで焦げ目がつくまで焼く。

 

11

ディルをあしらえば出来上がり。 

 

あとがき

何かのTVでトマトの飾りを見たので真似てみました。