単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

これでいいの?アルゼンチン赤海老のエチュベ♬

 サイトマップ

 妻から届いたLINE「最近の記事、茶色ない?」
「・・・・・」言われてみれば、である。
「もうじきクリスマスやで?」
「ローストチキン、焼いたけど?」
「茶色いな。。。」
「・・・・・」言われてみれば、である。

「キムタクみたいなレシピ無いの? なんちゃらのエチュベみたいなん」
「・・・・・」断っておきますが、調理師でもなければ料理人でもない、ただの料理好きの親父です。ましてや高級フレンチのエチュベも未経験。一応、美味しく頂けたので良しとして下さい。

 

  

ということで、レシピです。

 

 

 

 

 

f:id:jet90:20201223231402j:plain

調理時間:約15分
材料費 :300円前後

材 料 (1人分)
 アルゼンチン赤海老   1尾
 セロリ         15cm
 アーリーレッド     1/4個
 芽キャベツ       3個
 ニンニク        1片
 オリーブオイル     30ml
 なるとの塩       一つまみ
 白ワイン        30ml
 バター         20g
 ディルウィード     小さじ1

作り方

1

写真をのせる

セロリの茎の部分を使う。2cm幅に切る。アーリーレッドは大きめのくし切り、芽キャベツ二つ割りに切っておく。
ニンニクはできるだけ細かくみじんに切る。

セロリの葉っぱは使いません。

 

2

写真をのせる

エビは背側から、縦に二つに割る。
背ワタがあれば取り除く。エビの下処理はこれだけ。

 

3

写真をのせる

小鍋にオリーブオイル、ニンニクを入れて中火にかける。

 

4

写真をのせる

ニンニクの香りが立ったら、セロリ、アーリーレッド、芽キャベツを投入し、サッとかき混ぜて全体に油を纏わせる。
ここで、なるとの塩一つまみ加える。

 

5

写真をのせる

エビの殻を下にして野菜の上に並べて置く。
白ワインを加えて蓋をし、強火にして1分弱蒸し煮にする。

6

写真をのせる

セロリ、アーリーレッド、芽キャベツを盛り付け、海老を立体的に盛り付ける。

 

7

写真をのせる

小鍋に残った蒸し汁にバターを加えて中火にかける。

 

8

写真をのせる

バターが溶けて蒸し汁が煮立ったら火を止め、ディルウィードを加え手早くかき混ぜてソースを仕上げる。

 

9

写真をのせる

6の皿にソースをかければ出来上がり。

 

 

あとがき

ニンニクはできるだけ細かくみじんに切る。

鍋は出来れば小さめがいい。

蒸し煮の時間は火力や鍋の大きさで微妙!

今回、1分弱でしたが、海老の頭で判断してください。火から下ろすタイミングは、頭のミソがもうチョットで火が入る直前!