単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

リンガーハットの「長崎ちゃんぽん」って、こんなんだったけかな~ぁ?

サイトマップ 

先日作った 

 タンメン食べながら、「そう言や、リンガーハット 行ってないなぁ~」と独り言。

リンガーハットは長崎に本社を置く、外食系事業会社だが、「とんかつ」専門店のチェーン展開もしているらしい。「長崎ちゃんぽん」だけではなかったのね(*^^)v

社名のリンガーハットの云われは、リンガーは人の名前らしいが、ハットの方は、帽子(Hat)ではなく「小さな家」(Hut) なんだとか。。。

単身赴任中、どうしても野菜不足になりがちだ。男は元々、野菜嫌いなんでしょうね。普段は、冷蔵庫のお片付け野菜のレシピだが、今回は食材の種類も再現してみる。

 

 

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

f:id:jet90:20210211110131j:plain

調理時間:約15分
材料費 :300円前後

材 料 (1人分)
 
中華蒸し麺(焼きそば用)  1袋
 ラード           小さじ1+2
 ☆キャベツ(ざく切り)   100g
 ☆もやし          50g
 ★豚バラ薄切り肉(4cm)     50g
 ★人参(短冊切り)     20g
 ★玉ねぎ(くし切り)    60g
 ★長ネギ(斜め小口切り)  20g
 ★コーン          10g
 ★カマボコ(薄切り)    15g
 ★さつま揚げ(薄切り)   1枚
 ★むきエビ         30g
 ★キクラゲ(2cm角)    15g
 〇水            300ml
 〇味覇           小さじ2
 〇ほんだし         小さじ1
 〇顆粒コンソメ       小さじ1
 〇醤油           小さじ1
 牛乳            30ml
 白胡椒           少々
 ラー油           少々

作り方

1

写真をのせる

材料の欄にあるとおり、切り揃えておく。
☆、★は分けておく。

 

2

写真をのせる

材料欄の〇スープの材料も、あらかじめ準備しておく。

 

3

写真をのせる

フライパン(小)にラード小さじ1を熱し、☆のキャベツともやしを炒める。
ラードが馴染む程度で、シャキシャキ感を残して火を止める。

 

4

写真をのせる

フライパン(大)にラード小さじ2を熱し、★の食材をすべて炒める。豚肉の色が変わったら、〇スープの材料を全て投入する。

 

5

写真をのせる

煮立ってきたら、ラー油、白胡椒を加え、麺を投入。
麺をほぐしながら30秒ほど茹でる。

 

6

写真をのせる

5にフライパン(小)のキャベツともやしを加えて、ひと煮立ちしたら火を止める。
更に牛乳を加えてひと混ぜすれば出来上がり。

 

 

 

きっかけ

炒め油にラードを使うと、豚骨感が出ます。

高校の学食では、ラーメンも焼きそばも同じ麺でした。以来、チープな感じが気に入っていますが、皆さんは麺にこだわってもいいと思います。

 

昨晩、予約投稿した後、福島宮城で大きな地震が発生しました。
コロナ禍のこの状況で、被災された方々を思うと心が痛みます。
心からお見舞い申し上げます。