単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も11年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

牛マルチョウを食い尽くす☆ホルモンハンバーグ♬

サイトマップ 

往復1時間半かけ、二駅先の隣町のお肉屋さんで丸腸を手に入れた。
ショーケースの中の丸腸はとっても綺麗で、お世辞抜きでこのまま使えると思った。
「丸腸は下処理必要ですか?」と聞いてみた。
「自分はしないけど、うちも商売だからね」
「一応、して下さいね」とご主人。
そういうことならと、牛肩ロースだけを挽き肉にしてもらい、ハンバーグにしてみる。

ホルモンバーグは、広島呉市の「ゴーダキング」が有名だ。とはいえ、通販もあるが食べたことはない。もちろんレシピも知らない。

思い付きだけの「ホルモンハンバーグ」さて、どうなることやらである。


 

 

ということでレシピです。

 

 

 

 

f:id:jet90:20210530120408j:plain

調理時間:約45分
材料費 :600円前後

材 料 (1人分)
 丸腸           100g
 薄力粉(下処理用)    大さじ1
 牛挽き肉         100g
 パン粉          大さじ1
 マヨネーズ        おさじ1
 玉ねぎのみじん切り    50g
 牛乳           大さじ1
 S&B塩こしょう      小さじ1/2弱
 ナツメグ         小さじ1/2弱
 薄力粉          大さじ2
 赤ワイン         大さじ2
 ケチャップ        大さじ1
 とんかつソース      大さじ1

作り方

1

 

写真の丸腸は200gありますが、一緒に下処理してます。
まずは、サッと水洗いする。

 

2

 

ビニール袋に丸腸と薄力粉を入れてよく揉みこむ。

 

3

ザルにあけて流水で水が透き通るまで洗い流す。

 

4

 

丸腸を電動チョッパーにかける。すぐにペーストっぽくなる。薄皮は残るので、キッチンバサミで細かく切るといいです。

 

5

 

牛挽き肉、パン粉、マヨネーズ、玉ねぎのみじん切り、牛乳を加えて電動チョッパー、スイッチON!

 

6

 

ボウルにあけて、S&B塩こしょう、ナツメグを加えてよく捏ねる。
一緒にチョッパーにかければよかったわ
普通に小判型にまとめて成型する。今回は、1人分2個にしました。

 

7

 

フライパンに並べて極弱火で15分ほど焼く。
ビックリするくらいの脂が出てきます。

 

8

 

裏返してさらに10分ほど焼いてアルミホイルに取り出して包んで、コンロ脇に置いておく。

 

9

お好みですが、この大量の脂をソースに使います。
そのために極弱火で焼いたんですね。。。
薄力粉を加えて中火で炒める。

 

10

 

トロッとしてきたら赤ワインを投入。アルコールを飛ばしケチャップ、とんかつソースを加えて煮詰める。

 

11

 

味を見てなるとの塩で調え、ハンバーグを戻し入れてソースを絡める。

 

12

付け合わせを盛り付けた皿にハンバーグを載せ、ソースをかければ出来上がり。

 

あとがき

胃腸の弱い方は無理かも。。。