単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も11年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」のメンチカツ

サイトマップ 

前回投稿した「植野食堂」のレシピは第39弾目! ここまで順番無視してきたので、判らなくなってた人は、お品書きでご確認を。。。

第40弾は「津久井」のお好み焼き。関西人の私が、東京のお好み焼き作るわけないやん。なので今回は一つ飛ばして、第41弾、「ビアライゼ‘98」のメンチカツ。
私のレシピは既に投稿済み。 

お店レシピにしては珍しく、揚げ油はサラダ油。卵不使用のバッター液でパン粉を付ける。種は2日間冷蔵庫で寝かせる。ブラウンソースは勿論、自家製。マーガリンと小麦粉を炒めたブラウンルーをベジブロスでのばして作っている。ローリエ、トマトピュレ、トマトケチャップ、コンソメ、砂糖、ニンニクも加えて作るブラウンソースが一番気になる。
公式ホームページのレシピは、デミ缶をベジブロスでのばすレシピでしたが、放送ではブラウンルーで作ってました。

 

今回、番組レシピを少しだけ参考にして作ってみます。

 

あくまで参考にするだけなので、完コピ目指す訳ではありませんので、悪しからず。。。

 

 

 

ということでレシピです。

 

今日は、美味しいメンツ。。。  あいや、間違えた! ごめんち 

 

 

f:id:jet90:20210213162507j:plain

調理時間:約40分
材料費 :600円前後

材 料 (3人分)
 ☆合い挽肉        300g
 ☆玉ねぎ(みじん切り)  1/3個
 ☆S&B塩こしょう     少々
 ☆溶き卵         2/3個分
 ☆ケチャップ       大さじ1
 ☆ナツメグ        小さじ1
 ☆チューブニンニク    1㎝
 ☆パン粉         大さじ2
 薄力粉(バッター液用)  20g
 水(バッター液用)    30ml
 パン粉          適量
 サラダ油(揚げ油)    適量
 ~ソース~
 屑野菜          適量
 水            500ml
 酒            小さじ1
 バター          10g
 薄力粉          10g
 ローリエ         1/2枚
 トマトペースト      小さじ1

 トマトケチャップ     小さじ1
 顆粒コンソメ       一つまみ
 砂糖           一つまみ
 チューブニンニク     少々
 ~付け合わせ~

 キャベツの千切り    一つかみ
作り方

1

 

水、酒、屑野菜を水から30分ほど煮て、ベジブロスを仕込む。

 

2

 

フライパンにバター、薄力粉を入れ、焦がさないように炒める。

 

3

 

ルーが纏まって、茶色くなったら、ベジブロスを少しずつ加えてのばし、トマトペースト、トマトケチャップ、コンソメ、砂糖、ニンニク、ローリエも加えて煮込む。

 

4

5分ほど煮たら火からおろして一晩置く。

 

5

 

☆の材料を全てボウルに入れ、スパチェラでよく混ぜ合わせる。
挽肉に熱を伝えたくないので、これくらいの量なら手でこねない方がいい!

 

6

 

よく捏ねたら、1/3量を別のボウルとパチェラを使って空気を抜き成型する。

 

7

 

バッター液を混ぜ合わせる。

 

8

 

成形した肉だねをバッター液に潜らせ、手と接している面が上になるように、パン粉の上に置く。
バッター液がついていない部分にバッター液を塗る。

 

9

パン粉を塗しつける。

 

10

170℃に熱したサラダ油で、両面5分ずつ揚げてしっかり油を切っておく。

 

11

ブラウンソースを温める。

 

12

千切りキャベツ、ミニトマトを盛り付けた皿にミンチカツを置き、ソースをかければ出来上がり。

 

 

あとがき

捨てる屑野菜があるならブラウンソースはお勧めです(*^^)v
揚げ油はやっぱり、ラードの方がいいな。