単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も11年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」の五目うま煮

サイトマップ 

 前回投稿した「植野食堂」のレシピは第48弾目! 今回も順番無視するので、判らなくなってた人は、お品書きでご確認を。。。

今回の第61弾目!「水新菜館」の五目うま煮は、所謂、八宝菜。ご飯に載せれば中華丼、中華麵に載せれば揚げそば、固焼きそば、皿うどん? と、「水新菜館」でも複数メニューの基本になっている。

すでに投稿済みの私のレシピは

jet90.hatenablog.com

 

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

あっと、い・うまに、うま煮だよ!ホイ!

 

 

f:id:jet90:20210418204903j:plain

調理時間:約30 分
材料費 :300円前後

材 料 (1人分)
 豚バラ薄切り肉       50g
 バナメイエビ        1尾
 白菜            130g
 にんじん          25g
 水煮筍           40g
 小松菜           20g
 きくらげ          1枚
 ウズラの卵         1個
 干し椎茸          1枚
 水(干し椎茸の戻し汁含む) 200ml
 味覇            4g
 ラード           適量
 砂糖            小さじ1
 醤油            小さじ2
 オイスターソース      小さじ1
 白コショウ         少々
 水溶き片栗粉        大さじ1
 胡麻油           一回し

作り方

 
前の晩に干し椎茸を水に漬け、冷蔵庫に置いておく。
バラ薄切り肉は4㎝長さに切る。バナメイエビはしっぽまで殻をむいて背ワタを取る。白菜は芯の部分はそぎ切り、葉の部分はざく切り。にんじんは薄めの短冊切り。水煮筍も穂先以外は5㎜くらいのいちょう切り。小松菜は白菜に合わせてざく切り。戻した干し椎茸は4等分に切り、きくらげをにんじんに合わせて切っておく。

中華スープは、干し椎茸の戻し汁と水を合わせて200mlに味覇4gを溶かしておく。スープを火にかけ煮立ったら豚肉とバナメイエビをさっと下茹でする。

 

2

 

フライパンの深さ1㎝位のラードを溶かし、ニンジン、きくらげ、水煮筍を油通しする。油はオイルポットに戻しておく。

 

3

 

 

空いたフライパンで白菜の芯、小松菜、白菜の葉、豚肉を順に投入して炒める。

 

油通ししたにんじん、水煮筍、きくらげを投入。

 

5

 

ウズラの卵、中華スープを投入。カメラ持ってるので写ってないけど、中華スープはアクを濾して加えます。
白コショウ、砂糖、醤油、オイスターソースを加えて煮る。

 

6

煮立ったら水溶き溶き片栗粉を加えてとろみをつける。
しっかり煮立てて片栗粉に火を入れる。
ごま油を回し入れて、火を止める。

 

7 

皿に移せば出来上がり。

 

あとがき

干し椎茸の出汁が効いた「うま煮」は、八宝菜とはちょっと違った味わい。