単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

試行錯誤の休日の反省☆それもまた楽しむ、バジルとレモンの爽やかパスタ♬

サイトマップ 

休日の遅めの朝ごはん(昼ごはん?)ですね。 

ここのところ、キッチンハーブの記事、コメントを書いてたので。

本来、多年草のバジルだが、こっち(北関東)へ越してからは、越冬に失敗続きだ。
水耕栽培も試したんだが。。。
名古屋赴任時のマンションはキッチンから窓も近かったし、何より暖かかった。
部屋の広さは50㎡ほどだから変わらないが、若干の南西向きで午前中の日当たりが悪いからか?

いやいや、環境のせいしてちゃいけない。自責の念が大事だ。
今年も早々に苗を購入した。今年こそは!

試行錯誤といえば、巷で話題の「バズレシピ」開発には幾度となく試行錯誤を繰り返したんだろう。それをユーチューブで手軽に実現できるのだからありがたいことだ。

いつもは、100均のレンジパスタボイラーを使うのだが、「ワンパンパスタ」を試行してみる。

 

 

ということでレシピです。

 

 

f:id:jet90:20210327131058j:plain

画像も試しにフィルターかけてみた。(たまにはいいかも)

 

 

調理時間:約15分
材料費 :300円前後

材 料 (1人分)
 
スパゲティ        100g
 レモン          1/4個
 バジル          適量
 乾燥バジル        少々
 茹で鶏(orサラダチキン) 50g
 コンソメキューブ     1/2個
 チューブ入りニンニク   2cm
 水            400ml
 オリーブオイル      大さじ1
 なるとの塩        二つまみ
 黒胡椒          少々
 ケッパー         小さじ1 

作り方

1

写真をのせる

レモンを縦半分に切り、更に写真のように斜めに半分に切る。
切り口を飾り用に3枚スライスしておく
スライスを切り取った残りは、搾り用に取っておく。

 

2

写真をのせる

茹で鶏は手で裂いて解しておく。

 

3

写真をのせる

フライパンに水、半分に折ったスパゲティ、おろしニンニク、キューブコンソメ、なるとの塩一つまみを入れ、強火にかける。
スパゲティがくっ付かないようにかき混ぜながら7分茹でる。

 

4

写真をのせる

火加減を中弱火にし、鶏肉を投入。
更に2分茹でる。

 

5

写真をのせる

麺を取って味を見て必要なら塩一つまみ追加する。
レモンスライスを投入し、搾り汁も加え、1分茹でる。
水分量を見て多ければ強火にする。

 

6

写真をのせる

ほぼ水分がなくなっている状態。
火を止めて、乾燥バジルを振り、1,2度煽ってパスタボウルに盛り付ける。

 

7

写真をのせる

ケッパーを散らして、バジルの葉を置き、黒胡椒を挽いて振る。
仕上げのオリーブオイルを回しかければ出来上がり。

 

 

あとがき

 

パスタの仕上がりで、ほぼ水分が飛ぶように火加減を調整する必要があるが、2~3度試せば問題なし。
手順の5で、味とスパゲティの茹で加減、茹で汁の残り具合を見極めてください。

レモンバジルという品種のバジルもあるが、やっぱり普通のスイートバジルが使いやすいね。