単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

優柔不断な休日のひと時☆それもまた楽しむ、しらすの卵とじ丼♬

サイトマップ 

休日の朝ごはんですね。
掃除、洗濯、布団干し、一通りの家事は休日の朝に纏めてするのが単身赴任者、一人暮らしの常。
作業しながら「朝ごはん、何にしようかな?」が口から洩れる。

これが毎日かと思うと、世の奥様方(最近は主夫もいるか)には頭が下がる。

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

f:id:jet90:20210327104317j:plain

調理時間:約20分
材料費 :150円前後

材 料 (1人分)
 水           200ml
 出汁昆布        2g
 鰹の削り節       2g
 みりん         小さじ1
 淡口醬油        大さじ1/2
 しらす         50g
 卵           2個
 温かいご飯       1合
 薬味ネギ        適量

作り方

1

 

最初からフライパンでやればよかったんだが、取り敢えず出汁取っとくかという流れ。
小鍋に水、出汁昆布を入れて15分ほど放置。

2

 

中火にかけて煮立ったら出汁昆布を取り出して火を止める。
鰹の削り節を投入し、弱火にかける。

 

3

 

ここで予定変更。出汁は濾さずに使うことにした。
煮立ったら、みりん、淡口醬油を加えて火を止める。

 

4

 

フライパン(20㎝)に出汁を移して、シラスを加える。
卵を溶いておく。

 

5

 

フライパンを中火にかけ、煮立ったら卵でとじる。

 

6

 

丼に温かいご飯を盛り付け、刻んだ出汁昆布を散らす。
とじた丼の頭をご飯の上に載せる。

 

7

薬味ネギを散らせば出来上がり。

 

 

あとがき

卵丼か、しらす丼か、迷った挙句にですね(;^ω^)

迷いが、レシピ手順に出てますね。