単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

スガキヤの冷やしラーメンって、こんなんだったけかな~ぁ?

サイトマップ 

昨日、作った冷やし中華は、胡麻ダレにしたが、 

「ハムとゆで卵でチープな感じなら醤油ダレかなぁ?」と書いたんだが、頭の中にあったのは、名古屋赴任中の「スガキヤ」の冷やしラーメンだ。

実は、スガキヤのお店には入ったことがない。
イメージの基になったのは、コンビニで販売されていた「スガキヤ冷やしラーメン」のパック麵だった。
チープな感じと表現したが、「スガキヤ」さん、ホント申し訳ない。

関西人の私からすると、寿がきやスガキヤ?)は子供の頃から、うどんつゆのイメージだ。ラーメンしかないと聞き、なぜか生理的にお店には入れなくなった。

今回もまた、食べてもないのに再現しようとする無謀な記事になる。
更に、写真も使いまわすしね。。。

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

 

f:id:jet90:20210620152614j:plain
調理時間:約15分
材料費 :250円前後

材 料 (2人分)
 中華生めん    2玉
 卵        1個
 片栗粉      小さじ1/2
 水        小さじ1

 サラダ油     適量
 きゅうり     1/4本
 にんじん     5㎝
 ロースハム    2枚
 レモン(1/8)    2個   
 ~タレ~
 砂糖       大さじ1
 醤油       大さじ2
 酢        大さじ2
 水        大さじ1
 ごま油      大さじ1
 ハイミー     一つまみ

 ~やくみ~
 マヨネーズ    お好みで
 練りからし    お好みで

作り方

1

 

卵に片栗粉と水を加えてよくかき混ぜ、サラダ油をひいて熱したフライパンで薄焼き卵を焼く。焦げ目をつけないように火加減して焼けたら、細く錦糸卵に切っておく。

 

2

きゅうりはマッチ棒サイズに切り、にんじんは細めの千切りにする。
ロースハムは半月に切る。
盛り付ける具材は冷蔵庫で冷やしておく。

 

3

フライパンにたっぷり目のお湯を沸かし、手でほぐした中華生めんを表示時間通りに茹でる。

 

4

タレの材料をすべてボウルで混ぜ合わせて、冷蔵庫で冷やしておく。

 

5

茹で上がった面は流水で洗ってからしっかり水気を切り、冷蔵庫で冷やしておく。

 

皿の中央に中華麺を盛り付け、周りに放射状に具材を盛り付ける。
麺にタレをかけ、レモンとマヨネーズと練りからしを添えれば出来上がり。

 

 

あとがき

あくまでイメージですから、苦情はなしでお願いします<(_ _)>