単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

アレンジ次第で色々使える☆基本のトマトソース♬

サイトマップ  

 もうだいぶ前のことにはなる。結婚してようやく妻が花嫁修業を始めた頃のお話。妻がトマトジュースと間違えて、トマトの水煮缶をケースで買って帰ってきた。

「だって、トマトの絵が描いてあったから」と妻
「そりゃ書いてあるだろ」という言葉を呑み込んだ。

まぁ、無理もない。トマトを水煮しただけの缶詰の存在理由さえ理解していないのだから。トマトの加工品と言えば、トマトケチャップとトマトジュースしか知らない。
チューブじゃない、缶に入っている=(イコール)トマトジュースだ、と考えたのだろう。

「1缶ずつ、トマトソースに仕込んどこうか。。。」
「ミートソースやチキンやハンバーグの煮込みベースにもなるし。。。」
「冷凍しておいとけるし。。。」

機嫌を直した妻と一緒に作ったトマトソース。彼女のレシピノートの1ページ目を飾ることになった。

あれからかれこれ25年、トマトの水煮缶のお値段は、今でも当時とほぼ同じ。なんとお安い! それに、生トマトから作るよりお手軽だ。

 

と言うことで、レシピです。

 

f:id:jet90:20200822045004j:plain

調理時間:約30分
材料費 :100円以下

材 料 (10人分)
 カットトマト水煮缶       1缶
 玉ねぎ(みじん切り)      1個
 ニンニク(みじん切り)     2片
 オリーブオイル         大さじ1
 なるとの塩           一つまみ
 白ワイン            大さじ2
 水               200ml
 コンソメキューブ        1個
 ローリエ            1枚
 黒胡椒             少々
 乾燥バジル           少々
 乾燥オレガノ          少々
 乾燥パセリ           少々
 トマトケチャップ        大さじ1

作り方

1

写真をのせる

鍋にオリーブオイル、ニンニク、玉ねぎを入れ中火で、玉ねぎが透き通るくらいまで炒める。小さじ1くらいずつ、水を加えながら炒めると早く炒められる。

 

2

写真をのせる

なるとの塩、白ワインを加えて炒め、アルコール分を飛ばす。
塩加減は少なめです。
後々アレンジするので、その時に味加減するので控えめにしてください。

 

3

写真をのせる

トマト缶を加え、強火にして煮込んで、トマトの酸味を飛ばす。
水、コンソメキューブを加えて煮立ったら弱火にして煮込んでいく。

 

4

写真をのせる

ローレル(キッチンバサミで切り込みを入れておく)、オレガノ、バジル、パセリ、黒胡椒を加えて、30分程煮詰めて、仕上げにトマトケチャップを加えて全体に混ぜ合わせれば出来上がり。

 

5

写真をのせる

オレガノ、パセリは省略しても、ローリエとバジルはぜひ使ってください。

 

6

写真をのせる

粗熱を取ってから、冷蔵庫で3~4日は保存できます。
冷凍用保存袋に入れ、平らにして冷凍しておけば、3~4週間は保存できます。凍ったまま使う分だけ割ってください。

私は基本、面倒くさがりなので、タッパーに直入れして冷凍しちゃってます。

f:id:jet90:20200822051411p:plain

 

あとがき

挽肉を足してミートソースにしたり、鷹の爪を足してアラビアータソースにしたりと、汎用性の高いトマトソースですが、水煮缶を使えば簡単で、何回作っても味にばらつきが出ません。

フレッシュのトマトは当たりはずれがありますから。。。