単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

もう、好き嫌いは言わせない!皮パリッパリのチキンステーキ♬

サイトマップ  

 鶏の皮って微妙な食材ですね。

焼き鳥屋さんでの鶏皮は、安くて美味しいと人気のメニューだが、「表面のぶつぶつが気持ち悪い」だの「グニュっとした食感が嫌」だの、好き嫌いがあるのも事実。

斯く言う息子二人も子供の頃は苦手だった鶏皮。

「赤ちゃんの頃は、鶏皮スープで煮た南京の離乳食作ったら、美味しそうに食べてたのに。。。」とぼやく妻。「いやいや、作ってたのは私ですけど?」、「それに、そもそも離乳食には皮は入ってませんし!」という”ツッコミ”は呑み込んで、息子たちに聞いてみた。やはり、「グニュっとした食感が嫌。」らしい。

ならば、パリッパリに焼いてやろう。

以来、我が家のチキンステーキはこの焼き方です。

 

ということで、レシピです。

 

f:id:jet90:20200825213933j:plain

調理時間:20分
材料費 :300円

材 料 (1人分)
 鶏もも肉        200g
 S&B塩こしょう     少々
 サラダ油        小さじ1
 自家製トマトソース   大さじ1
 トマトケチャップ    大さじ1/2
 トマトペースト     大さじ1/2
 タバスコ        少々
 パセリのみじん切り   二つまみ

作り方

1

写真をのせる

鶏もも肉は、キッチンペーパーで徹底的に水分を拭き取る。 

 

2

写真をのせる 

余分な皮と脂肪と筋、軟骨を取り除く。
身の厚い部分は切れ目を入れて開き、均一な厚さにする。 

 

3

写真をのせる

フライパンにサラダ油を引き、鶏の皮目を下にしておく。

 

4

写真をのせる

もも肉にアルミホイルをかけ、水の入った鍋などを重しにして載せ、弱火にかけて、5分焼く。 

 

5

写真をのせる

フライパンの中の油をキッチンペーパーで吸い取り、アルミホイルをかけて重しをして再度、弱火にかけて、5分焼く。
もう一度、 油をキッチンペーパーで吸い取り、アルミホイルをかけて重しをして再々度、弱火にかけて、5分焼く。

 

6

写真をのせる

15分焼いたらひっくり返す。皮パリッパリになります。
アルミホイルを外したまま、重しも無しで中火で3分程焼いたら、コンロから下ろしてそのまま、5分ほど休ませる。
最初は、オーブントースターで3分ほど焼いてましたが、「父さん、そこまでせんでええわ」ということで、省略!

 

7

写真をのせる

自家製トマトソースです。市販のソースでもOK!

jet90.hatenablog.com

 

 

8

写真をのせる

別のフライパンに、自家製トマトソース、トマトケチャップ、トマトペーストを入れて弱火にかけて混ぜながら温める。

 

9

写真をのせる

 いつものカルディさんで見つけた「ムッティ トマトペースト」237円、チューブ入りでとっても使い勝手がいいです。
原料はトマトと塩のみ。ピューレより濃くて塩気も強いと思います。

 

10

写真をのせる

チョット煮詰まった感じくらいになればOK!  

 

11

写真をのせる

皿にソースを敷く。 

 

12

写真をのせる

鶏もも肉は皮目を下にして切ると、皮がヨレっとなりません。 

 

13

写真をのせる

ソースの上にチキンステーキを置き、タバスコを振って、パセリのみじん切りを散らせば出来上がり。

 

あとがき

トマトとタバスコは意外と合うんです。トマトジュースにタバスコ少々が、私の定番です。

昔、わたせせいぞうハートカクテルで、見てからずっと。

ハートカクテルの「うだ話」は、別の機会にあらためて。。。