単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

ラタトゥイユ?いいえ☆鶏もも肉のカチャトーラ♬

サイトマップ 

ラタトゥイユは、フランス南部のプロヴァンス地方、ニースの郷土料理だ。
玉ねぎ、ナス、ピーマン、ズッキーニなどに、トマトを加えた煮込み料理で、その語源は「Rata」(ごった煮)「Touiller」(かき混ぜる)で、元々は刑務所で出される料理であったといわれる。日本でいう「臭い飯」てきな?
フランス人のイメージでは、不味くて質素な料理。

その後、ローリエオレガノ、バジル、タイムなど、ハーブとワインをふんだんに使って作るようになり、今では「ニース名物」の名に恥じないフレンチの一品になっている。

よく似た料理にカポナータが取り上げられるが、こちらはイタリアン。
元々カポナータは、魚料理であったのだが、魚介の代わりに茄子を使うようになり、カポナータと言えば野菜のトマト煮込みのイメージが定着したので、ラタトゥイユと似ているといわれるが、塩胡椒で味付けするラタトゥイユに対して、ビネガー、砂糖を使うカポナータは、食べると味の違いに驚くだろう。

 

あれ? 今日はカチャトーラだっだわ!

カチャトーラ(猟師風の)はトマト、玉ねぎ、パプリカとワインで蒸し煮にした鶏肉のイタリア料理。各種ハーブと味付けは塩コショウのみで、イタリア料理ではあるが、カポナータよりラタトゥイユに近いかな?

 

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

f:id:jet90:20210512185712j:plain

調理時間:約15分
材料費 :300円前後

材 料 (1人分)
 
鶏もも肉         125g
 なるとの塩(肉の下味用) 少々
 黒胡椒(肉の下味用)   少々
 ニンニク(みじん切り)  1片
 鷹の爪          1本
 オリーブオイル      大さじ1
 マッシュルーム(ホール) 4個
 ブラックオリーブ(ホール)10粒位
 茄子           1/2本
 ズッキーニ        1/3本
 赤黄パプリカ       各1/8個
 白ワイン         大さじ1と1/2
 ローリエ         1枚
 なるとの塩        少々
 黒胡椒          少々
 パセリのみじん切り    少々
 トマトソース       150g 

作り方

1

写真をのせる

鶏もも肉は余分な脂と皮、筋を引いて、水気をキッチンペパーで拭き取っておく。
脂と皮は、鶏油(チーユ)や出汁などに使えるので冷凍しておきます。

 

2

写真をのせる

マッシュルームとブラックオリーブはホールのまま使う。
ズッキーニと茄子は1cm厚さのいちょう切り。赤黄パプリカは2cm角に切っておく。
茄子は水に晒さないでね。

 

3

写真をのせる

フライパンにオリーブオイル、ニンニク、鷹の爪を入れてから中火にかける。香りが立ったら両面にしっかり目に塩と黒胡椒を振った鶏もも肉を皮目を下にして焼く。焼き目が付いたら身側も焼く。

 

4

写真をのせる

鶏もも肉の両面が焼けたら一旦取り出す。
空いたフライパンに茄子、ズッキーニ、赤黄パプリカを投入して、全体に油が馴染むまで炒める。

 

5

写真をのせる

トマトソース、ブラックオリーブ、マッシュルーム、白ワインを加え全体にソースが馴染むように混ぜ炒める。
赤ワインでもOK!
赤なら南イタリア風っぽくなります。

 

6

写真をのせる

味を見てなるとの塩と黒胡椒で整える。野菜の上に鶏もも肉を皮目を下にして置き、ローリエを載せる。
蓋をして5分蒸し煮にする。

 

7

写真をのせる

フライパンの中で、鶏もも肉の上にソースをかけ、30秒ほどソースを煮詰め、皿に盛り付け、フレッシュのパセリを散らせば出来上がり。

 

 

あとがき

スーパーでお安いズッキーニを発見!夏野菜が出回る時期になりましたね(*^^)v

茄子とパプリカは家にあるので「ラタトゥイユ」だ!
真面目に作るとチョット面倒なので、今日は方針変更で「カチャトーラ」

基本は鶏肉の蒸し煮なので、トマト煮込みにしない事ですね。