単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も11年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

日本人でよかったと、つくづく思う☆豚肩ロースのゆず味噌麴焼き♬

サイトマップ 

今夜は、いつも素敵な女性料理ブロガーのlittleさんの記事から。。。

mlittle.work

希代稀なる赤味噌使いのブロガーさん(言い過ぎか?)だが、今回は白味噌
京都土産のレシピだからだ。こういとこ抜かりがない。
柚子と塩麴を合わせた漬け込み味噌の豚肉に一目惚れ。
いつもの「ちょっといいお肉屋さん」で購入した骨付き豚肩ロースで作ってみる。

 

 

ということでレシピです。

 

 

f:id:jet90:20211124195309j:plain

調理時間:約20分(漬込み時間は除く)
材料費 :1000円前後

材 料 (1人分)
 骨付き厚切り豚肩ロース  330g
 塩麹           大さじ1
 白味噌          大さじ1
 酒            大さじ1
 みり
ん          大さじ1
 砂糖           大さじ1/2
 チューブニンニク     1㎝
 チューブ生姜       2㎝
 ゆずの皮         1/8個分

 ラード          大さじ1
 白ワイン         大さじ1/2

 ~付け合わせ~
 サラダ菜         3枚
 トマト          1/4個
 セロリ          10㎝
 砂糖           一つまみ
 なるとの塩        一つまみ
 白ワインビネガー     小さじ1
 オリーブオイル      大さじ1

作り方

1

 

厚さ3㎝弱あります。
キッチンペーパーで水気を拭き取る。

 

2

丁寧に筋切しておく。

 

3

 

ビニール袋に、塩麹白味噌・酒・みりん・砂糖・チューブニンニク・チューブ生姜を入れ、よく混ぜ合わせる。
豚肉も袋に入れ、ゆずの皮の千切りも加え、空気を抜いて袋の口を縛り、冷蔵庫に一晩おく。

 

4

 

トマトの角切りとセロリの軸の小口切りをボウルに入れ、砂糖・なるとの塩を加えてよく混ぜ合わせ10分ほど置く。
白ワインビネガー・オリーブオイルを加えて和える。
サラダ菜、とマリネを皿に盛り付けておく。

 

5

冷蔵庫から取り出した豚肉。

 

6

 

フライパンにラードを入れて弱火にかける。
漬込みダレを落とした豚肉をフライパンに置き、蓋をして5分間焼く。

 

7

焼き目が付いたら裏返えし、更に蓋をして5分間焼く。

 

8

 

豚肉を取り出し、アルミホイルで包んでスチロールトレーの上に置き、コンロの脇に5分間置いておく。

 

9

 

綺麗なフライパンに漬けダレ・白ワインを加えて中火にかけ煮詰めてソースにする。

 

10

豚肉を皿に載せ、ソースをかければ出来上がり。

 

 

あとがき

チョット焼き過ぎましたかな(;^ω^)