単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も11年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」のトマト卵炒め

サイトマップ 

前回投稿した「植野食堂」のレシピは第139弾目!

今回は第140弾目!「東坡」のトマト卵炒め
東京は原宿の中華料理店。女優かとうかずこのお気に入りのお店。
1990年にそのまんま東との結婚で世間を騒がせたが、何を隠そう私も、今でいうところの〝かずこロス" だった。
1989年フジTVドラマ「ハートに火をつけて!」は、浅野ゆう子初単独主演作品。7~8人の男女間の友情と恋愛をテーマにした、当時はありきたりのトレンディードラマだったが、かとうかずこ演じる本城亜矢が一番のお気に入りだった。

料理に関係ないな。まぁ、中華の「トマト卵炒め」は、植野食堂でも2度目だし。。。

 

 

ということでレシピです。

 

間違った! ちょちょちょ、チョッとまとー

 

 

 

f:id:jet90:20211123225512j:plain

調理時間:約15分
材料費 :300円前後

材 料 (1人分)
 
トマト        1個
 卵          1個
 なるとの塩      少々
 鶏がらスープ(卵用) 小さじ1/2
 ※顆粒鶏がらスープの素を表示どおりの湯で溶く
 生姜(みじん切り)  2.5g
 長ねぎ(輪切り)   5g
 醤油         小さじ1
 鶏がらスープ(炒め用)小さじ1/2
 ※顆粒鶏がらスープの素を表示どおりの湯で溶く

 ごま油        大さじ1/2
 サラダ油       25ml

作り方

1

 

白い筋に沿ってトマトをくし切りにする。
※ヘタ側にに窪みがある場合は、窪みに沿って切る。

 

2

 

窪みに沿って切ってみた。
ゼリー状の種の部分を分ける壁の部分が切られているので、炒めたときに煮崩れにくい。

 

3

味覇を表示どおりの湯で溶く。水200mlに味覇4g

 

4

 

ボウルに卵を割り入れ、塩を加えて軽く溶きほぐす。更に鶏がらスープを加え、白身を切るように卵を溶く。
強火に熱した鍋にサラダ油を入れ、なじませ、卵液を流し入れ、ふわっとふくらんだら取り出す。油はできるだけフライパンに残す。

 

5

 

空いたフライパンを強火に熱し、生姜・長ネギ・醤油を加える。
トマト・鶏がらスープを加え、軽く炒める。
トマトの皮がむけそうになったら、卵を鍋に戻し、崩しながら全体を炒める。
トマトの皮がむけたら、ごま油をからめて完成。

 

6

 

トマトの皮が剥けてきたら、ごま油をからめる。
サッと合わせて皿に盛り付ける。

 

7

 

 

あとがき

※卵を焼く時、鍋を強火で熱することでふくらむ。
※テフロンのフライパンの場合、サラダ油の分量は大さじ2でいい。