単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」の鶏の照り焼き

サイトマップ 

前回投稿した「植野食堂」のレシピは第126弾目!

今回は第130弾目!「ポんタDINING」の鶏の照り焼き
 東京、八幡山で創業50年の町の洋食屋さん「ポんタDINING」は、洋食メニューだが定食にはご飯とみそ汁が付く、定食屋さんでもある。
マスターの新井さんは、霞が関飯野ビル「キャッスル」で、かの荒田勇作の下で修業し、親しみ深いメニューにもフレンチの技術が光る。
地元住民に愛され続けた名店も、2021年9月18日に惜しまれつつ閉店した。
台風14号が接近し東京も大荒れの天候となった、3連休の初日。また一つ名店の火が消えた。

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

今日も、ちきんとやろう!

 

 

 

f:id:jet90:20211017212808j:plain

調理時間:約15分
材料費 :300円前後

材 料 (1人分)
 鶏もも肉1/2枚         150g
 薄力粉           適量
 ラード           大さじ1/2
 ~タレ~
 上白糖           16g
 三温糖           20g
 みりん           小さじ1
 醤油            30ml
 酒             20ml
 顆粒和風だし        一つまみ
 出汁昆布          ひとかけら

作り方

1

鍋にタレの調味料をすべて入れ、強火にかけて砂糖が溶けるまで混ぜたら火を止める。

 

2

 

鶏肉の余分な皮と脂、筋を取り除き、厚い部分を半分にそぎ、平らにする。

 

3

 

鶏肉に薄力粉をまんべんなく塗し付け、余分な粉を落とす。
フライパンを中火にかけ、ラードを熱して鶏肉の皮めを下にして焼き色がつくまで焼く。裏側も同様に焼く。

 

4

余分な油をふきとり、タレを入れる。
タレがフツフツしたら火を消し、鶏肉にタレをなじませる。

 

5

付け合わせを盛り付けた皿に、食べやすい大きさに切った鶏肉を盛り付け、タレをかければ出来上がり。

 

 

あとがき

番組では身の側から焼いて、オーブンで火を通してました。