単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も11年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

ダイソーの100円オイルサーデンが主役? トマトとズッキーニのオリーブオイル重ね焼き♬

サイトマップ 

先日から、真空パックの水煮筍だのこんにゃくだのと記事を書いてきたが、忘れちゃならない、自炊する男性一人暮らしの強い味方と言えば「缶詰」だ。
常温で長期保存が利くから、休日の買い出しで取り敢えず買って置いときゃ食材切れの時に何とかなる。 平日の仕事帰りのスーパー通いは面倒でしょうがない。

「サンマの蒲焼」「焼き鳥」「鯖味噌」など、ちょっと温めればつまみになる所謂、「缶つま」の数々。ちょっとお高いのが気になるが。。。

冷凍餃子を記事にする私が言うのもなんだが、流石に、「サンマの蒲焼」温めて載せる料理ブログはないだろうが、ネタに使える缶詰も結構あるのだよ。

そんな中でもお気に入りの「ダイソーの100円オイルサーデン缶」を使ってみる。

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

f:id:jet90:20210717192106j:plain

調理時間:約20分
材料費 :100円前後

材 料 (1人分)
 ズッキーニ(5㎜幅の輪切り)  1本
 トマト(5㎜幅のくし切り)   1個
 オイルサーデン缶      1缶
 ニンニク(みじん切り)   1片
 なるとの塩         少々
 黒胡椒           少々
 パルミジャーノレッジャーノ 適量
 バジルの葉         数枚
 オリーブオイル       大さじ1
 

 

作り方

1

 

ズッキーニとトマトを材料欄の通りに切り、スキレット(19㎝)に交互に重ねて並べる。

 

2

 

ダイソーのオイルサーデン缶です。
中央に中身をあけ、オイルもすべて回しかける。

3

 

みじん切りのニンニクとなるとの塩と黒胡椒をふる。

 

4

 

魚焼きグリルでズッキーニに火が入るまで10分ほど焼く。

 

5

パルミジャーノレッジャーノを削ってふりかけ、バジルをちぎって散らす。
オリーブオイルを回しかければ出来上がり。

 

 

あとがき

トーストしたバゲットをオイルに浸しながら頂きます。