単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も11年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

「植野食堂」ではない方のレシピ☆グリルグランドの特製オムライス♬

 サイトマップ

雑誌「dancyu」編集長、植野広生の冠番組“日本一ふつうで美味しい 植野食堂”の第11弾『グリルグランド』の「オムライス」はすでに投稿済み。 

恥ずかしながら、私のオムライスは 

今回は、「植野食堂」で紹介されていない方の「特製オムライス」
チキンライスは同じレシピだが、卵で包むタイプではなく、チキンライスの上に載せたプレーンオムレツを切って広げるタイプ。ソースは特製デミグラスソースだが、こちらは市販のルー(フフフのルー)を使用する。

 

 

ということで、レシピです。

 

 

f:id:jet90:20210425205536j:plain


 

調理時間:約15分(バターライス除く)
材料費 :400円前後

材 料 (1人分)
 ~バターライス~     220g
 ごはん          220g
 バター          10g

 鶏もも肉         60g
 玉ねぎ          30g
 マッシュルーム      1個
 バター          15g
 なるとの塩        少々
 白胡椒          少々
 ケチャップ        80g
 白ワイン         少々
 オリーブオイル      小さじ1

 卵(M)         3個
 オリーブオイル      小さじ1
 バター          10g
 ~デミグラスソース~
 フフフのルー       2ブロック
 水            200ml

作り方

1

写真をのせる

フライパンに溶かしたバターでライスを炒め、バターライスを作る。
できたバターライスは冷蔵庫で1晩寝かせておく。

 

2

写真をのせる

鶏肉は1cm角に切る。玉ねぎは粗くみじん切り、マッシュルームはスライスしておく。
卵はしっかり溶いてザルで2~3度濾しておく。

 

3

写真をのせる

先にチキンライスを作る。フライパンを強火に熱し、オリーブオイルとバター5g、鶏肉を入れて炒める。

 

4

写真をのせる

マッシュルームと、玉ねぎを加え、煽りながら素早く炒める。

 

5

写真をのせる

白ワインでフランベし、香りづけをする。

 

6

写真をのせる

白ワインが完全に蒸発する前に、バターライスを加える。
パラっと仕上がりやすくなります。

 

7

写真をのせる

なるとの塩、白胡椒で味つけし、全体に火が通るようによく煽る。

 

8

写真をのせる 

ケチャップを加え、すばやく混ぜればチキンライスが完成。
ここまでは前回のレシピと同じ。
チキンライスを皿の中央にこんもりと高く盛り付ける。

 

9

プレーンオムレツを焼く。
これが参考になるかも。。。 

写真をのせる 写真をのせる

フライパンを強火に熱し、オリーブオイル、バター10gを入れる。バターが溶け切る前に、溶き卵を加え、 フライパンを前後にゆすりながら菜箸で卵を混ぜ続ける。(せわしく、外側の固まりかけた卵を中心に集める感じ)

 

10

写真をのせる 

半熟状になったらフライパンを傾けて卵の手前側を奥側へ被せる様にまとめる。
卵がくっ付いていたら、スパチェラを使ってください。(慌てなくて大丈夫!)奥側へまとまったら、よく見るあの「トントン」。フライパンの縁まで卵を移したら、一気にくるんとひっくり返す。(手前側をスパチェラで押してやればやりやすい。若しくは奥側から手前に転がしてもいい。)

 

11 

 

 

プレーンオムレツをチキンライスの上の乗せる。
ペティでオムレツを切って広げる。

 

12

こんな感じ。うまくいった(;^ω^)

 

13

 

小鍋に水、フフフのルーを煮立ててデミソースを作り、オムライスの周りにかけたら出来上がり。

 

 

あとがき

フフフのルーはこれ

 

S&Bフォンドボーディナー ビーフシチュー
フフフのルーは、以前の記事に投稿してます。