単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

今夜もお家で台湾屋台気分♬ 魯肉飯(ルーローハン)

サイトマップ 

妻は結婚前、本場台湾で食べたことがあるという。
「濃厚なタレのプルプル豚バラが白ご飯に合うで~。」と言う妻に応えて、結婚当初はよく作ったレシピ。

二人とも年齢重ねるとともに、このガッツリ感が厳しくなった。食べ盛りの息子二人のために、実家ではこんにゃくで嵩増ししたレシピで作ってた。
息子たちの丼にこんにゃくが紛れ込むと大騒ぎになった食卓が懐かしい。

 

ルーローハンの「ル」の字は魯山人の「魯」ですよねぇ。 る?、ろ? 肉? 魯?

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

 

f:id:jet90:20210320095248j:plain

調理時間:約30分
材料費 :300円前後

材 料 (1人分)
 青梗菜        4枚
 豚バラ塊肉      150g
 ラード        大さじ1/2
 上白糖        大さじ1
 中ザラ糖       小さじ1
 水          200ml
 酒          大さじ1
 醤油         大さじ1
 オイスターソース   大さじ1/2
 フライドオニオン   大さじ2
 五香粉        小さじ1/2
 ゆで卵        1個
 温かいご飯      1合
 白髪ねぎ       4㎝

作り方

1

 

青梗菜は根元の部分をよく洗って、しばらく水に漬けておく。
レンジスチーマーに入れて、電子レンジ600Wで1分半加熱。
冷水に放って粗熱を取り、しっかり水気を絞っておく。

 

2

 

豚バラ塊肉はキッチンペーパーでしっかり水気を拭き取ってから1.5㎝角に切る。

 

3

 

鍋にラードと豚バラ肉を入れ、中火で炒める。鍋底にくっ付く場合は、鍋底に濡れ布巾を当てると剥がれる。

 

4

 

粗方白っぽくなったら、上白糖を加えて混ぜる。
完全に溶けて混ざったら、中ザラ糖を加えて混ぜる。

 

5

 

砂糖が溶けきったら、水、酒、醤油、オイスターソースを加えて煮る。

 

6

アクが出るので取っておく。

 

7

 

フライドオニオンを投入。
カルディで購入。便利ですね(*^^)v
無ければ、薄切り玉ねぎに薄力粉を塗してサラダ油で揚げれば作れます。

8

 

五香紛を加えて混ぜる。

 

9

 

ゆで卵を入れて20分ほど煮ると煮汁が減ってトロミが出てくる。
1/4量くらいに減ったら肉と卵を取り出す。

 

10

煮汁に青梗菜をさっと絡ませる。

 

11

あったかいご飯を持った丼に、豚肉、ゆで卵、青梗菜を盛り付け、白髪ねぎを天盛すれば出来上がり。

長ネギのお味噌汁、大根のサラダと一緒にいただきました。

 

 

あとがき

こんにゃくも美味しくなるので、節約料理にいいかもね。
本当は、高菜とか、お漬物も載せます。

 

 

 

おまけ

いつもの素敵な女性料理ブロガーさんのレシピを見て、これだ!
と思ったサラダ。

甘い魯肉飯のたれにラー油のピリ辛と大根のさっぱり感が合いますね(*^^)v

レシピ

大根の千切りと薬味ネギの小口切り、鰹の削り節、ラー油

ドレッシングは、オリーブ油とポン酢でちょっとアレンジしました。