単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」のたまごサンド

サイトマップ 

 前回投稿した「植野食堂」のレシピは第36弾目! 今回も順番無視するので、判らなくなってた人は、お品書きでご確認を。。。

もう、お品書きを見てお気づきの方もいらっしゃるかもしれないが、(品切れ)と表記されたメニューは「作る気なし」を意味する。
今回の第29弾目!「みやざわ」のたまごサンドも作る気はなかった。
たまごサンド「茹で卵やないやろ!」は関西人の私には当然のこと。しかし今回は、毎度お世話になっております「りんご」さんに、言及のお礼を込めて記事にする。

 世に数ある「たまごサンド」、茹で卵を使うか、焼いた卵を使うか?
ここにも関西風と関東風がある。

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

 

f:id:jet90:20210223124230j:plain

調理時間:約10分
材料費 :100円前後

材 料 (1人分)
 茹で卵         3個
 S&B塩こしょう     小さじ1/2
 マヨネーズ       大さじ2
 食パン(10枚切り)   4枚
 マスタード       小さじ1
 バター         20g

作り方

1

今回の茹で卵も炊飯器でご飯と同時調理したものを使ってます。
詳しくは、

 をご参考に。。。 

1個は保険ですね。
茹でた卵は冷水で冷やして、水の中で殻を剥く。

 

2

 

キッチンペーパーでしっかり水気を拭いて、あればエッグカッターで粗みじん切りにする。
無いので、バター切るやつ使いました(*^^)v

 

3

S&B塩こしょうを振って、スパチェラで切るように混ぜる。

 

白身に黄身がまとわりつくくらい混ぜたら、マヨネーズを加えて、黄身に粘りけが出るまで混ぜる。

 

5

パンの表裏を間違わないように重ねる。出来上がりが元のパンの並びと同じになるように注意する。これが元の形ね(;^ω^)

 

6

 

 

 一番上をページをめくるように裏返して移動。
2番目は、そのままスライドして重ねる。
3番目は1番目と同じように裏返して重ねる。
最後は、そのままスライドして重ねる。

 

7

 

マスタードと室温に戻したバターを混ぜ合わせ、重ねたパンの上の面に塗る。
2枚目も同様に重ねたパンの上の面に塗り、1枚目に塗った面に合わせて重ねる。3.4枚目も同様に塗る。

 

 

 

 

たまごの半量をバターを塗った面に載せて拡げ、次のパンを重ねる。
3.4枚目も同様にする。
ね!元の形に戻る。

 

 

みみを落として3等分に切る。都度包丁を拭いてから切る。

 

10

ペーパーを敷いた皿に載せれば出来上がり。

 

あとがき

ま、想像通りです。

 

おまけ

 

 

オムレツは十字に切って拡げます。