単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

薄切り豚肉でも大満足♬ 豚肉の唐揚げ☆タルタルソースがけ

サイトマップ 

 単身赴任になってから、ご飯は毎回、5合炊いて1合ずつタッパーに小分けして冷凍する。何故なら、炊飯器が5合炊きだから。。。
1食につき1合ずつ食べることになる。

毎回、取り敢えず、米と一緒に卵を1個か2個一緒に炊いて茹で卵も作っておく。
残念ながら、半熟卵は作れないが、固茹で卵でいいならお手軽だ。
タルタルソース用の茹で卵はどうせ、みじんに切るから両面焼きの目玉焼きを使ったりもするが、サラダ用に使いたい時、カレーや丼の付け合わせに使いたい時など1個だけ茹でるのは面倒だ。 

真似しようと思ったあなたに、炊飯中に爆発(割れる)したことはないが、念のためアルミホイルで包んでおくことをお勧めする。
ラップで包んでもいいが、米粒がいっぱいくっつきますよ~。
クックパー的なアルミホイルなら、外側にくっつきにくい面が出るように包めばOK!

くれぐれも自己責任でお試しください。

 

 

作り方

1

写真をのせる

念のためアルミホイルで1個ずつ包んでおく。 
包む前に、卵はよく洗っておく。

 

2

写真をのせる

お米は、通常の水加減で炊飯器にセットし、1の卵をお米の上に置いて、いつも通り炊飯器のスイッチON!

 

3

写真をのせる

ご飯が炊き上がったら卵を取り出し、すぐに冷水に入れて冷やす。
卵は熱くなっているので注意してください。
茹で卵は普通に殻を剥いて、付け合わせやお弁当の隙間埋め、タルタルソースなんかに使ってください。

茹でた卵は冷蔵庫で保存しておくが、せいぜい、3日くらいまで。早めに使い切ること!

前回仕込んだ茹で卵が残っているので、やっぱ、タルタルソースかな?

と言うことで、レシピです。 えっ!もう始まってる?!

 

f:id:jet90:20200817232828j:plain

調理時間:15分
材料費 :300円

材 料 (1人分)
 豚肩ロース薄切り肉       100g
 酒               小さじ2
 醤油              小さじ2
 片栗粉             適量
 サラダ油(揚げ油)       適量
 ~タルタルソース~
 玉ねぎ(みじん切り)      1/8個
 茹で卵             1個
 マヨネーズ           大さじ3/2
 白ワインビネガー(酢でもよい) 小さじ1/2
 パセリのみじん切り       適量
 ~付け合わせ~
 ベビーリーフ          適量
 カイワレ            1/4パック

作り方

1

写真をのせる

玉ねぎのみじん切りに分量外の塩を振り、しばらくしたらキッチンペーパーで押えて水気を拭いておく。
茹で卵もみじんに切っておく。 

2

写真をのせる

ボウルに1の玉ねぎ、卵とマヨネーズ、白ワインビネガーを入れてよく混ぜ、タルタルソースを作っておく。 

 

3

写真をのせる

バットに酒と醤油を入れて、豚肉を広げて並べる。肉の裏表を返して馴染ませ、5分程そのまま置いておく。 

4

写真をのせる

豚肉を三つ折りに畳む。

 

5

写真をのせる

片栗粉をしっかり目に裏表に塗し付ける。 

 

6

写真をのせる

170℃に熱した揚げ油に投入。カリッと揚がったら、しっかり油を切っておく。 

 

7

写真をのせる

付け合わせのベビーリーフとカイワレを盛り付けた皿に豚肉を並べて、タルタルソースをかける。パセリのみじん切りを散らせば出来上がり。 

 

あとがき

薄切り肉でも畳んで揚げるので食べ応え感は十分!
卵多めのタルタルも食べ応え感、大満足です。