単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

しっとり、フワフワが好きなんだ。鶏むね肉の天ぷら☆蓮根の擂り流し餡かけ♬

サイトマップ 

鶏むね肉の天ぷらは、油断するとパサつきがちだ。銀餡で保険掛けとくかということです。
今シーズンはコロナの影響なのか、インフルエンザの感染者が少ない。何年か前、この時期が旬の蓮根は、インフルエンザ予防に効果があるとTV番組でやってた。
1日100g、10日間食べて免疫効果が上がっているというのだ、そんなに蓮根食べる人いますか?レンコン生産者じゃあるまいし。。。

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

f:id:jet90:20210214180137j:plain

調理時間:約30分
材料費 :400円前後

材 料 (2人分)
 ~蓮根の擂り流し餡~
 水        200ml
 出汁昆布     2g
 鰹の削り節    3g
 片栗粉      小さじ1
 なるとの塩    小さじ1/2
 淡口醤油     小さじ1
 蓮根       40g

 鶏むね肉     1枚
 S&B塩こしょう  適量
 薄力粉      大さじ2
 溶き卵      1個分
 にんじん(短冊) 30g
 サラダ油(揚げ油)適量
 三つ葉      適量

作り方

1

 

小鍋に水、出汁昆布を入れ、30分以上放置。

 

2

小鍋を中火にかけ、沸騰したら昆布を取り出して、鰹の削り節を投入。
火を止めてそのまま5分ほど置いたら茶漉しで濾して冷ましておく。

 

3

 

合わせ出汁に、片栗粉、なるとの塩、淡口醤油を加えてから中火にかける。
かき混ぜながら煮立たせたら一旦火を止める。

 

4

 

レンコンは皮付のまま擂りおろして、合わせ出汁に投入。

 

5

一煮したら火を止める。

 

6

 

鶏むね肉は皮と筋を取り除く。(皮と筋は、いつか来る出番を冷凍庫で待ちます)
食べやすい大きさに削ぎ切り。
ボウルに入れてS&B塩こしょうを振ってひと混ぜする。

 

7

 

薄力粉を振り入れて、全体に塗しつける。

 

8

 

溶き卵を加えて、全体に絡ませる。

 

9

170℃に熱したサラダ油でにんじんを素揚げする。

 

10

 

にんじんを取り出し、鶏むね肉を揚げていく。

 

11

揚がった鶏むね肉とにんじんを器に盛り付ける。

 

12

温めた出汁をかけて、三つ葉をあしらえば出来上がり。

 

あとがき

鶏むね肉の下味はしっかり目に!
蓮根の擂り流し餡は、薄味にしてあります。
大根のみぞれ餡でもいいですね(*^^)v