単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

ハートカクテル『ノックをしなかったサンタクロース』のホットエッグノッグ

サイトマップ 

物語は、クリスマスの夜。
いつものジェシーの店のカウンター。
一人座っている主人公は「ホットエッグノッグ」を飲み終え、席を立つ。
彼女と喧嘩したのは1週間前、まだ仲直りできていない彼に、オーナーシェフジェシーが「明け方までやってるから、また来ないかい?」と声をかける。

彼は、明かりの消えた室温7℃の部屋に戻ると、ヒーターのスイッチも押さずに眠ってしまう。
キッチンの物音で目を覚ますと、ダイニングの椅子の背に見慣れた彼女のステンカラーコート。
温度計は12℃になっていた。テーブルの上のキャンドルが部屋を5℃暖めたようだ。

 

 

ということで、レシピです。

 

 

 

 

f:id:jet90:20201226110434j:plain

調理時間:約10分
材料費 :50円前後

材料(1人前)
 牛乳         180ml
 卵          1個
 砂糖         大さじ1
 ラム酒        小さじ1
 バニラエッセンス   数滴
 ナツメグ (パウダー)   適量

作り方

1

写真をのせる

ボウルに卵、砂糖を入れる。卵のカラザは取り除いておく。
別の一回り大きめのボウルにお湯(分量外の70~80℃)を入れておく。

  

2

写真をのせる

湯煎しながらピーターでフンワリするまで泡立てる。

 

3

写真をのせる

ここまでフンワリしたらOK! 

 

4

写真をのせる

耐熱グラスに流し入れる。

  

5

写真をのせる

鍋に牛乳を入れ、沸騰直前まで温めたら、火から下ろしてラム酒とバニラエッセンスを加えて一混ぜする。

 

6

写真をのせる

温めた牛乳をゆっくりと注ぎ入れる。ナツメグをふりかけたら出来上がり。

 

 

あとがき

マグカップじゃなく、グラスに入れて手を暖めながら飲みたい!
体も暖まるホットエッグノッグ。少しとろみのついた、心にも優しい味です。