単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」の豚バラ肉のマーマレードと黒ビールの煮込み

サイトマップ 

今回は第128弾目!
前回投稿した「植野食堂」の油ぞうめんに続き二品目のレシピ。
スーパーマーケットの食材で、豚バラ肉のマーマレードと黒ビールの煮込み

いつものお姉ちゃんに、「豚バラサイコロステーキの翌日に、また豚バラ食べたんですか?」と言われるだろうね。
「兄ちゃん、ちゃうねん。 ブロックのまま欲しかってん。」
「スミマセン! 切り直します。」
「エエわ、エエわ。 これは貰ろとくから、もっぺんブロック切って。」
「いいんですか」
「エエって、エエって。 その代わり、ちょっとおまけしてな!」

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

f:id:jet90:20211025202055j:plain

調理時間:約2時間30分
材料費 :1000円前後

材 料 (2人分)
 豚バラ塊肉       300g        
 なるとの塩       6g
 黒胡椒         適量
 ラード         大さじ1
 玉ねぎ         1/2個
 に
んにく        2片
 なるとの塩       一つまみ
 黒ビール(ギネス)   350ml
 マーマレード      大さじ2
 パッサータ       100g
 醤油          小さじ1/2

作り方

1

 

玉ねぎはできるだけ薄くくし切りにし、更に半分に切る。にんにくは潰して皮を剥く。
ブロックの豚バラは、あんまりかっこよくないね。

 

2

 

鍋に入る大きさに切って、なるとの塩(2%)と黒胡椒をふる。
中火でラードを熱した鍋で豚バラを焼き付ける。

 

3

 

 

全面にしっかり焼き目を付ける。横も肉を立たせてしっかり焼く。
一旦肉を取り出す。

 

4

 

空いた鍋で玉ねぎ、にんにくを炒める。
鍋についた焦げ跡を綺麗に剥がし取るように炒める。

5

 

ギネスビールを注ぎ入れる。

 

6 

 

パッサータを注ぎ入れる。

 

7

  

マーマレードを加える。ちょっと苦みのある上等なやつがいいよ。

 

8

煮立ってきたら蓋をして、弱火で2時間煮込む。
アクは取らない。途中上下を返してやった方がいいね。

 

9

2時間立ったら煮汁は半分くらいになります。

 

10

 

豚バラ肉を別の鍋に移し替え、残った煮汁をミキサーかフードプロセッサーにかける。
これは、電動チョッパーね。

 

11

ピュレした(裏漉しはしてないけど)ソースと醤油を豚バラ肉に合わせて温める。

 

12

ソースを敷いた皿に、豚バラ肉を盛り付ければ出来上がり。

 

 

あとがき

 

見て! このホロホロの感じ!

 

何をおまけしてもらったかって?

豚の脂身200g貰いました(*^^)v