単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も11年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」の鶏肉のしょうが焼き

サイトマップ 

前回投稿した「植野食堂」のレシピは第101弾目!

今回は第110弾目!「丸重」の鶏肉のしょうが焼き

自称、日本一割烹着が似合うという、真奈美女将と、かう子大女将が取り仕切る「丸重」は、赤坂と六本木の間にある家庭料理店。
真奈美女将のご主人は俳優の河西健司さん。劇団ミスタースリムカンパニー出身で、刑事ドラマからNHK大河まで幅広い活躍の名バイプレーイヤーである。撮影の合間にはお店に立つこともあるという。
お店でもホール係として名バイプレーイヤーばりの活躍です。 

 

 

 

ということでレシピです。

 

エプロンの紐が、とりにくい! 

 

 

f:id:jet90:20210817200909j:plain

調理時間:約15分(タレの仕込みは除く)
材料費 :300円前後

材 料 (1人分)
 鶏むね肉        160g
 玉ねぎ(薄切り)    1/4個
 ピーマン(細切り)   1/2個
 赤黄パプリカ(細切り) 各1/8個
 酒           大さじ1
 片栗粉         大さじ2
 サラダ油        大さじ2
 ~タレ~
 生姜          1片
 りんご         1/8個
 蜂蜜          大さじ1
 醤油          45ml
 赤ワイン        10ml
 酒           小さじ2弱
 砂糖          小さじ1/2

作り方

1

 

タレを作る。生姜(皮ごと)とりんごをすりおろす。

 

2

ボウルに蜂蜜、醤油、赤ワイン、酒、砂糖を入れ、混ぜ合わせる。
すりおろした生姜、りんごを加え混ぜる。
冷蔵庫で一晩寝かせて味を馴染ませる。

 

3

ピーマン、赤黄パプリカは材料欄の通りに切る。

 

4

 

鶏肉は繊維を断ち切るように。1.5cmの厚さにそぎ切りにする。
ポリ袋に片栗粉と鶏肉を入れ、まんべんなく塗し、余計な粉は落とす。

 

5

 

サラダ油大さじ1を強火で熱し、鶏肉を並べ、蓋をして約1分焼く。
鶏肉を裏返し、酒を加え、蓋をして約1分焼く。

 

6

 

サラダ油大さじ1を追加し、玉ねぎ・パプリカを入れ、軽くしんなりするまで炒める。

 

7

 

タレを鍋肌に回しかけ、煮詰めながら全体に絡める。

8

皿に盛り付ければ出来上がり。

 

 

あとがき

しっとりやわらかく焼きあがったら成功です(*^^)v