単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」のワンタン

サイトマップ 

前回投稿した「植野食堂」のレシピは第91弾目!

今回は第73弾目!「喜楽」のワンタン

東京渋谷の行列のできる町中華、というか「中華麺店 喜楽」だからラーメン店か?

もはや説明不要と思われる渋谷の名店。1952年創業と70年に手が届く歴史ある老舗ラーメン店『喜楽』。看板メニューの中華麺は、濃い目の醤油スープに中太のストレート麺。モヤシと味玉半分、チャーシュー1枚となんともシンプル。
だが、人気の秘密は、ほとんどのメニューに使われている「揚げねぎ」にある。
台湾産の赤ねぎ(エシャロット)をラードで揚げたものだ。

当然、台湾産の赤ねぎは手に入らないので、自家製揚げネギで代用する

 


  

ということでレシピです。

 

 

よ~し 準備、ワンタン!

 

 

 

f:id:jet90:20210724232031j:plain

調理時間:約20分
材料費 :200円前後

材 料 (1人分)
 ワンタンの皮    6枚

 ~喜楽風揚げねぎ~
 ラード        適量
 エシア(福島産)   10㎝
 ニンニクのみじん切り 1片分

 ~あん~
 豚ひき肉       50g
 揚げねぎ       小さじ1
 醤油         小さじ1

 ~スープ~
 鶏がらスープ     400ml
 ※味覇8gを湯400mlで溶く
 醤油         小さじ2

 もやし        35g
 揚げねぎ       大さじ1
 鶏油         小さじ1
 長ねぎ(みじん切り) 小さじ1

作り方

1

 

ニンニクはみじん切り、エシアは小口に切る。
小鍋にラードを温め、低温から焦げないように揚げる。

 

2

 

茶色くなったらOK!すぐに火からおろさないと焦げるので注意。
ほら、言わんこっちゃない!

 

4

 

ボウルに豚ひき肉と揚げねぎ、醤油を入れて、粘り気が出るまでしっかり捏ねる。

 

5

肉種を6等分し、ワンタンの皮で包む。普通に三角に包んだ後、左右の角を頂点側へ折り返す。

 

6

 

沸騰した湯にワンタンを入れ、半透明になるまでゆでる。
浮いてきたら取り出し、湯をきる。

 

7


茹で汁を強火で煮立て、もやしを約30秒ゆでる。

 

8

 

材料欄の通り用意した鶏がらスープと醤油を合わせて器に注ぐ。
揚げねぎ、鶏油(チーユ)も加える。

 

9

ワンタン、もやし、長ネギのみじん切りを入れたら出来上がり。

 

 

 

あとがき

冷凍の王将餃子とともに。。。

ワンタン包むけど、餃子は絶対に作らない、変な料理ブログです。

 

鶏油は、 

をご参考に。。。