単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」の肉野菜炒め

サイトマップ 

前回投稿した「植野食堂」のレシピは第39弾目! 今回は、更に遡って、すっ飛ばした、第28弾、「ぼたん」の肉野菜炒め。

野菜炒めって、独身男性、若しくは単身赴任者の定番レシピやろ。今更記事にするまでもないかとすっ飛ばしてたが、まっ、心境の変化と言うか、あれですわ、ネタに困ったからと言うか、、、

それは其れで仕方ない。
今回も、番組レシピを少しだけ参考にして作ってみます。

 

あくまで参考にするだけなので、完コピ目指す訳ではありませんので、悪しからず。。。

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

(エプロン結びながら)ボタンさんで肉野菜炒めを教えてもらいます。
え~ぇ、どさくさ、浅草 

 

ニンジン入れます、きくらげ入れま~す。
言うこと きくらげ

 

 

f:id:jet90:20210205220721j:plain

調理時間:約15分
材料費 :200円前後

材 料 (1人分)
 
豚バラ薄切り肉    100g
 キャベツ(外葉)   100g
 もやし        100g
 玉ねぎ        1/4個
 にんじん       20g
 きくらげ       20g
 にら         10g
 チューブニンニク   小さじ1/2
 チューブ生姜     小さじ1/2
 ラード        大さじ2
 胡麻油        小さじ1
 酒          小さじ2
 胡麻油        大さじ1
 砂糖         小さじ1/2
 粉末鶏がらスープ   一つまみ
 白胡椒        少々
 オイスターソース   小さじ2

 作り方

1

豚バラ肉を食べやすい大きさに切る。キャベツの外葉はざく切りにし、芯の部分は薄くそぎ切り。玉ねぎは半月切り、にんじんは細切り、にらは5cm長さに切る。
きくらげは石づきの固いところは切り落とし2cm角に切っておく。

 

2

 

フライパンを中火にかけてラードを溶かす。(チャーシュー作った時に取り置いたラードですね(*^^)v 自家製ラードは跳ねますよ)
豚バラ肉を広げながら炒める。

 

3

 

チューブ入りニンニクと生姜を加えて炒める。
酒、醤油を加える。

 

4

 

玉ねぎを投入して炒める。
キャベツも投入して炒める。

 

5

 

更に、もやしを投入して炒め合わせる。
にんじんも投入して炒める。

 

6

 

更に、きくらげを投入して炒め合わせる。
にらも投入して炒める。

 

7

 

砂糖、粉末鶏がらスープ、白胡椒、オイスターソースを加える。

胡麻油を回しかけて、全体を混ぜ合わせ火から下ろす。

 

8

こんもりと皿に盛り付ければ出来上がり。

 

 

あとがき

具材を入れるたびに鍋をあおり、鍋を常に動かすことが大切。 なんだって(*^^)v