単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

表参道のレジェンド台湾料理?☆ふーみんの「ねぎワンタン」作ってみた♬

サイトマップ 

先日紹介した「植野食堂」レシピ 

jet90.hatenablog.com

ワンタン で忘れてはならないのが、これまた「植野食堂」で紹介された、中華風家庭料理ふーみんの「ねぎワンタン」番組内でもサラッとだけ紹介されたが、レシピを入手できたので作ってみる。

美味しさの秘訣は油の温度らしい。
最後にジュワッと高温の油をかけて仕上げるのだが、この時の油の温度がポイントなのだという。
熱すぎると焦げ臭くなってしまい、少しでも低いと油っぽさが際立ってしまう。油をかけるという簡単そうに見える工程にも熟練の技が必要なんだね。

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

f:id:jet90:20210725222309j:plain

調理時間:約20分
材料費 :300円前後

材 料 (2人分)
 
ワンタンの皮     12枚
 豚ひき肉       100g
 長ねぎ(千切り用)  25g
 生姜(千切り用)   3g

【A】
 長ねぎ(みじん切り) 10g
 水煮筍(みじん切り) 10g
 ごま油        小さじ1
 戻し椎茸(みじん切り)10g

【B】
 生姜汁        少々
 酒          小さじ1/2
 白胡椒        少々

【C】
 出汁醤油       大さじ1/2
 白胡椒        少々


 サラダ油       20ml 
 かいわれ大根     適量

作り方

1

 

長ねぎ、生姜を千切りし、水にさらす。
【A】の長ねぎと水煮筍をみじん切りにし、あらかじめごま油を絡めておく。
水で戻しておいた干し椎茸は石附を取って軽き絞り、みじん切りしておく。

 

2

 

豚ひき肉に長ネギのみじん切りと水煮筍のみじん切りを除いた【A】と【B】を合わせて入れて練る。最後に長ネギのみじん切りと水煮筍のみじん切りを加える。

3

 

粘りが出るまで混ぜ合わせたら、ワンタンの皮の中央に肉をのせ、皮を半分に折りたたみ、厚みを均等になるよう優しく伸ばす。

4

 

フライパンに湯を沸騰させてワンタンを入れる。ゆで時間は1分くらい。浮いてきたらザルににあげる。

 

5

 

ワンタンが熱いうちに皿に移し、カイワレ大根と水気を切った千切りの長ネギと千切りの生姜を載せる。

 

6

【C】を回しかける。

 

7

 

別の鍋(鉄製)でサラダ油を煙が出るまで熱し、千切りの長ねぎの上に回しかける。

 

8

で、出来上がり。

 

 

あとがき

今日もチャーハンタイムアタック。 1分10秒!
前回よりも10秒短縮したが、パラパラ感はダウンだ。
どう考えても、1分切れるわけないな。  

f:id:jet90:20210727214343j:plain