単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

和食って、ホントはやっぱり手がかかるんだよね☆帆立とワカメの黄身酢和え♬

サイトマップ 

これも、お得意様、いつものわからん 謎深き料理ブロガーさんから「酢の物食べてください」と言われましたので。。。

酸っぱいのが苦手な私は、滅多に酢の物は作らないんだが、これなら大丈夫。

和風マヨネーズと言われる黄身酢は、本来の手順で作ると大変だ。
 鰹の出し汁に葛粉を混ぜ、卵黄と煮切ったみりんと塩を加えて裏ごしして、酢でのばす。
まず葛粉は常備してないし、裏漉しも持ってないし、、、

今回はお手軽手順で作ってみる。おまけレシピだしね(*^^)v

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

f:id:jet90:20210613194708j:plain

調理時間:約15分
材料費 :250円前後

材 料 (1人分)
 刺身用ホタテ貝柱   2個
 生食用わかめ     30g
 みょうが       1本
 卵黄         1個分
 なるとの塩      一つまみ
 み
りん        小さじ2
 酢          小さじ2
 チューブ和からし   3㎝
 片栗粉        適量

作り方

ホタテは、厚みを半分に切る。わかめは、食べやすい大きさに切る。みょうがは、縦半分に切ってから斜めに薄切りにする。

 

2

 ホタテに片栗粉を薄くまぶしておく。

 

3

 

小鍋に沸かした熱湯にホタテをサッと潜らせて、氷水にとる。

 

4

 

耐熱容器に卵黄・酢・みりん・なるとの塩・和からしを入れて混ぜ、ラップをせずに電子レンジ600Wで15秒加熱。一旦取り出して混ぜ、更に電子レンジ600Wで15秒加熱。

 

5

 

電子レンジから出してよくかき混ぜ、粗熱を取っておく。

 

6

器にわかめ、みょうが、水気をきったホタテを盛りつけ、黄身酢をかければ出来上がり。

 

あとがき

黄身酢は湯銭で固めるのが普通の作り方だが、大原千鶴先生が、電子レンジでもできるとおっしゃってたんで。。。

黄色の鮮やかさがいいですね。

酸っぱいのが苦手な私には、黄身酢や酢味噌の「酢の物」が丁度いいです。