単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

聖地、甲子園球場の三大グルメ☆牛ホルモンのカレー♬

サイトマップ 

関西人の聖地、甲子園球場の三大グルメと言えば、カレー・焼きそば・串焼きなんだが、前回作った牛すじ肉のカレー 

で、思い出した。
大阪から転勤してからは、殆ど食べてないんだが、牛ホルモンのカレーが食べたくなった。

言わずと知れた、わが阪神タイガースの本拠地であり、日本球界の聖地、阪神甲子園球場には、数々の名物グルメがあるのだが、その象徴的存在が「甲子園カレー」だ。
球場が開場した1924年から球場内でカレーライスが提供され、今日に至るまで、球場の看板メニューとして多くの野球ファンに親しまれてきた。
子供の頃は、一種類しかなかったと思うが、今では辛さのバリエーションに加え、牛すじ、牛ホルモン、バターチキンなどなど、7種類のラインナップ。

通販でも買えるとは知らなんだ。。。

ホルモンカレーは、甲子園球場で初めて食べたんだが、大阪在住中はよく作ってたな~。 

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

 

 

f:id:jet90:20210523203944j:plain

調理時間:約30分
材料費 :600円前後

材 料 (2人分)
 温かいご飯         2合
 牛シマ腸
          200g
 出汁昆布          5g
 鰹の削り節         5g
 水             500ml
 水(追加用)        50ml
 長ねぎの青いとこ、白いとこ 30g
 玉ねぎ           100g
 にんじん          50g
 おろしニンニク
       小さじ1
 おろし生姜         小さじ1
 S&B塩こしょう       小さじ1/4
 ウスターソース       大さじ1
 トマトのパッサータ     200g
 市
販のカレールー      50g
 赤ワイン          50ml

作り方

1

 

鍋に水500mlと出汁昆布を入れて30分放置。
牛シマ腸は一口大に切る、
玉ねぎとにんじんは皮を剝いてみじん切りにする。

 

2

 

鍋を中火にかけ、沸騰したら火を止めて出汁昆布を取り出し、水50mlを追加。更に鰹の削り節を加えて弱火で1分加熱。
茶こしで漉して合わせ出汁を取っておく。

 

3

 

テフロンのフライパンにシマ腸を入れて中火にかけて炒める。

 

4

脂が出てきたら、ニンジン玉ねぎ、おろしにんにく、おろし生姜、S&B塩こしょうを加えて10分ほど炒める。

 

5

パッサータを加えて水分が飛ぶまで煮る。

 

6

出汁、赤ワイン、ウスターソースを加えて中火で煮込み、沸々してきたら蓋をし、弱火で20分ほど煮る。

 

7

いったん火を止め、市販のカレールー(今回はジャワカレー辛口)を加えてかき混ぜ、完全に溶かす。
溶け切ったら中強火にし一煮立ちしたら火を止める。

 

8

皿に温かいご飯を盛り付け、カレーをかける。長ネギの小口切りを添えれば出来上がり。

 

 

あとがき

甲子園カレーにねぎのトッピングはありませんが、和風出汁のカレーに合うかも。。。