単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

今夜もお家で洋食屋気分♬ ポークチャップ

サイトマップ 

先日投稿した記事 

で、ポークチョップ、ポークチャップ、ポークケチャップと書き綴ったのだが、「ゲシュタルト崩壊」とコメント頂いた。
よくよく考えてみたが、「ゲシュタルト崩壊」をうまく説明できない。
ググってみたら、
ゲシュタルト崩壊ゲシュタルトほうかい、独: Gestaltzerfall)とは、知覚における現象のひとつ。 全体性を持ったまとまりのある構造(Gestalt, 形態)から全体性が失われてしまい、個々の構成部分にバラバラに切り離して認識し直されてしまう現象をいう。幾何学図形、文字、顔など、視覚的なものがよく知られているが、聴覚や皮膚感覚、味覚、嗅覚においても生じうる。(出典:ウィキペディアWikipedia

近年では、意味飽和との関連も指摘されているが、ゲシュタルト崩壊の発生要因については未解明な部分が多く、静止網膜像のように消失が起きないことなどから、感覚器の疲労や順応によるのではなく、「比較的高次な認知情報処理過程によって発生する」ことがわかっている程度である。

 

さらに崩壊し続けるわ。。。

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

 

f:id:jet90:20210525233946j:plain

調理時間:約20分
材料費 :400円前後

材 料 (1人分)
 豚肩ロース肉(170g)    1枚
 たまねぎ          50g
 しめじ           50g
 トマトケチャップ      大さじ2
 赤ワイン          大さじ2
 水             適量
 なるとの塩         少々
 黒胡椒           少々
 薄力粉           適量
 ラード           小さじ1
 バター           10g
 ~付け合わせ~
 スパゲティ         50g
 水             500ml
 塩             5g
 S&B塩こしょう       少々
 バター           10g
 冷凍ブロッコリー      適量 

 作り方

1

 

いつもの通りレンジパスタボイラーでパスタをゆでる。
スパゲッティ、塩、水を入れて電子レンジ600Wで10分加熱。
茹で上がったら水洗いし、ザルにあげておく。
冷凍ブロッコリーも電子レンジ600Wで30秒加熱。

 

2

玉ねぎは薄いくし切り、しめじは石附を外して子房に分けておく。

 

3

 

豚肩ロースのすじはキッチンバサミで切る。
キッチンペーパーで水気をふき取り、両面になるとの塩、黒胡椒を挽いてふる。

 

4

豚肩ロースの両面に薄力粉を薄くはたいておく。

 

5

 

フライパンを弱火にかけてラードを溶かし、豚肩ロースの表面を下にして焼く。

 

6

 

焼き目が付くか付かないかぐらいでOK!裏面も同様に焼いて一旦取り出す。

 

7

 

空いたフライパンにバター、玉ねぎ、しめじを加え、なるとの塩をふって炒める。
しんなりしたらケチャップを加えてさっくり和える。

8

 

触らずにケチャップを焼き付けて炒める。
水気が飛んだら赤ワインを加えて混ぜる。

 

9

全体に茶色っぽくなったら

 

10

 

ソースの上に豚肩ロース肉を戻し入れ、水大さじ1を加えて蓋をして2分、蒸し焼きにする。

 

11

別のフライパンでバターを熱し、スパゲッティを炒める。S&B塩こしょうで味を調え、ブロッコリーと一緒に皿に盛り付ける。
豚肩ロース肉をソースに絡めてから取り出して皿に載せる。

 

11

残ったソースに水大さじ1を加えて火にかけ、ソースを仕上げる。

 

13

ポークチャップにソースをかければ出来上がり。

 

 

 

あとがき

 

 

今日も絶妙の焼き上がりでしたよん(*^^)v

ケチャップに焼き色がつくまでじっくり待って「焼き炒める」こと。
ケチャップを「焼く」ことで味に深みが出ます。