単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

ご当地グルメ☆地域の特色?大阪式トルコライス♬

サイトマップ 

今日も、いつもの「わからん」謎深き料理ブロガーさんの記事

tontun.hatenablog.com

この記事に書いた私のコメント
「そうね、うらさんの仰るとおり、卵いりますね。
あと、とんかつとウスターソースも。。。
おなか鳴ってますわ(≧◇≦)」 

で、思い出した。。。

上の子を妊娠中の妻を連れ病院へ行く。月に一度の検診だ。
実家近くの大きな総合病院の産婦人科。まだ少子化と声高には騒がれていなかった頃。診察が終わるまで結構時間がかかる。場所が場所だけに、そばにいるのも何なんで、散髪して時間を潰すことにしていた。散髪が終わると隣の喫茶店に入いる。この頃は、一人で喫茶店に入れてたんだな。でもって、「トルコライス」を食べて病院へ戻る。程なく、診察室から出てきた妻がテイクアウトの「たまごサンド」の袋を見てにっこり笑う。

きつくはなかったが、悪阻でも何故か「たまごサンド」は喜んで食べてくれた。当時はよく、オムレツ作れとねだられたな~

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

 

f:id:jet90:20210408212710j:plain

調理時間:約15分
材料費 :300円前後

材 料 (1人分)
 
とんかつ(ひと口サイズ) 3切れ
 ラード(揚げ油)     適量
 ~カレーピラフ~
 炒めた挽肉・玉ねぎ    100g 

 温かいご飯         1合
 バター           10g
 S&B塩こしょう       小さじ1/4
 ◆クミン          小さじ1/4
 ◆カルダモン        小さじ1/4
 ◆ガラムマサラ       小さじ1/4
 ◆チリペッパー       小さじ1/4
 ◆カレー粉         小さじ2
 ~巻かないオムレツ~
 卵             2個
 牛乳            大さじ1
 なるとの塩         一つまみ
 バター           10g
 オリーブオイル       小さじ2
 ~ソース~
 ☆とんかつソース      小さじ1
 ☆ウスターソース      小さじ1
 ☆ケチャップ        小さじ1
 ☆赤ワイン         小さじ1
 ☆砂糖           小さじ1
 ☆バター          5g

作り方

1

写真をのせる

今回使用した「とんかつ」は、別の料理で余ったバッター液でパン粉付けして作り置きしていたものです。
豚肩ロース塊肉からひと口カツ用に切り出したお肉です。

 

2

パン粉付けのコツは、 

をご参考に!

 

3

写真をのせる

ラードを160℃に熱し、とんかつをカリッと揚げる。
皆さんは、サラダ油でしょ?
ならば、揚げ方のコツは、 

をご参考に!

 

4

写真をのせる

揚がったとんかつは3分間は油切りしておく。
その間に小鍋に☆の調味料をすべて投入して弱火にかけて少しに詰める。

 

5

写真をのせる

オムレツの準備
別のボウルに卵を割り入れ、牛乳となるとの塩を入れて卵をしっかり溶いて、10分程そのまま放置。
よく「泡立てるな」とか言われるけど、ピーターでしっかり溶いてください。

 

6

写真をのせる

フライパンに「炒めた挽肉・玉ねぎ」を投入して火にかけ炒める。

 

7

写真をのせる

油が出てきたら、奥側へ寄せて、手間側で◆の材料を投入して香りが立つまで炒める。

 

8

写真をのせる

フライパンに温かいご飯、バターを投入して炒め全体が馴染んだらS&B塩こしょうを振って味を調えてお皿にこんもり盛り付ける。

 

9

写真をのせる

20cmのテフロンのフライパンにオリーブオイルを引き、中強火にかけてフライパンを十分に熱する。(卵をつけた菜箸で触ると「ジュッ」と音が出るくらい)

 

10

写真をのせる

フライパンにバターを投入し、すぐに溶き卵も投入。フライパンを前後にゆすりながら菜箸で卵を混ぜ続ける。(せわしく、外側の固まりかけた卵を中心に集める感じ)

 

11

写真をのせる

半熟状になったらライスの上に焼いた面を下にして被せる。
揚がったとんかつを卵の上に置き、4のソースをかければ出来上がり。

 

 

 

あとがき

長崎のご当地グルメで知られる「トルコライス」大阪ではスパゲティはついてない。福井のボルガライスにも似ているが地域や店によって様々。

昔、通った喫茶店は、カレーピラフにオムレツと豚カツ、お家で作るようなハンバーグソース掛かってた。

 

おいしくなるコツ

①揚げ油の1/2以上は新しい油を使う。

②揚げる途中、油の温度を170℃に維持する。

③揚げ時間の目安は最初3分、裏返して3分。

④3分は、油切りして休ませ、余熱で火を通す。

⑤カレーピラフはスパイス効かせて辛めが美味しい