単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

ハートカクテル『もうフォークは投げない』のタバスコ入りトマトジュース

物語の主人公は、昔は速球派の先発で鳴らしたプロ野球の投手。
今は、変化球フォークボールを操る技巧派のリリーフを務める。
本当は、昔のようにストレートで勝負したいと嘆いている。
今日の登板は、同期のエースの200勝がかかっている。
5対4、8回表、ワンアウト2,3塁、のワンポイントリリーフ。
初球から全てストレートで真っ向勝負。
2ボール、2ストライクからファウルで粘られ、バッターもタイミングが合ってきた。
ずっと愚痴を聞いてくれている、これまた同期のキャッチャーのサインに、大きく頷いて投じたボールは、ホームベース手前でストンと落ちた。

翌朝いつものようにランニングから戻って飲む「タバスコ入りトマトジュース」の横に、昨夜の同期のエースの200勝達成を報じる新聞記事。

ハートカクテル」を読んでたのは1984年頃だろうか?
かれこれ35年経った今も「タバスコ入りトマトジュース」は、私の定番だ。

jet90.hatenablog.com 「ハートカクテル」については、『ジェシーの店』の記事で詳しく紹介しています。

 

ということで、レシピ?

 

 

f:id:jet90:20200906161031j:plain

調理時間:5分
材料費 :100円以下

材 料 (1人分)

 トマトジュース(無塩)  300ml
 なるとの塩        3g
 タバスコ         5~6滴

作り方

1

写真をのせる

昔のトマトジュースって結構しょっぱかったよね。
取り敢えず、塩分1%にしました。
冷蔵庫でよく冷やしたグラスにタバスコを5~6滴たらして、なるとの塩を加えて、よく冷やしたトマトジュースを注ぎ入れ、マドラーでよくかき混ぜれば出来上がり。

  

あとがき

他にも定番になったものは数多い
①オーデコロンは「4711ポーチュガル」(風待ち)
②コーヒーは「ハワイコナ」(オールドハワイ・コナ)
③「ペリエで作るスプリツァー」(木馬が歌った日)
④Tシャツは「白いヘインズ」(84-夏)
⑤オフに着るスーツなら「ラルフローレンのリネン」(クールランチタイム)
⑥時計は「タグ・ホイヤー」(カモメが連れてきたカノジョ③)
⑦カクテルなら「ソルティードッグ」(ごく限られた地方に降る雪)

等々。。。
アルコールは物語には付きもので、ほぼ毎回登場する。
ビールならバドワイザーハイネケンカールスバーグレーベンブロイクアーズは「ジェシーの店」の看板にもなっている。
ウイスキージャックダニエルカティーサーク、角瓶。。。

 アルコールが苦手の私だから、「ソルティードッグ」や「スプリツァー」くらいしか飲めないんだが。。。

車の趣味は少々合わなかった。ミニクーパーにビートル、カルマンギア、シトロエンCV2、ルノー・カトル、フィアット・チンクエチェント等々。。。
小型欧州車が多かった。