単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

アジフライの保険を掛けた☆妻が作ったサーモンフライ♬

サイトマップ 

 今週のお題「もしもの備え」

今日は早朝から台風10号に関する気象ニュースが、ひっきりなしに報道されている。

これから九州鹿児島へ最接近する。すでに奄美大島をはじめ沖縄本島や離島では被害も出ているようだ。被害を受けた方へは心よりお見舞い申し上げる。また、鹿児島をはじめ、今後の進路にあたる地域にお住いの皆様の不安なお気持ちは、いかばかりかと思うに心が痛むばかりだ。どうかご家族、周囲の皆さんと支えあい、命を守る最優先の行動をとって頂きたい。大きな被害とならないよう祈るばかりだ。

報道では、「100年に一度の」とか「これまでに経験したことのない」とか、今回の10号によってもたらされる危険の大きさを報じている。今回は多くの方が「もしもの備え」については準備されたに違いない。

斯く言う私も関東在住であるが、それなりの備えはしてある。というのも、昨年の台風15号への備えがそのまま継続しているだけなんだが。

大阪の実家の妻も昔から防災グッズの準備には抜け目がない。私にとっての一番の『もしもの備え』は妻自身であるともいえる。

 

まだ、単身赴任になる前の話。
出勤前、妻が「今日、何食べたい?」
「アジフライがいい、出来たらお願い」と私
「サーモンフライでもえぇ?」「OK」で出勤。
妻は毎回、代替え案を提示してくる。スーパーの買い物で、おろした鰺がなかった時の保険だ。他にもローストチキンなら唐揚げ。ミンチカツならハンバーグ。すき焼き頼んだら牛丼は、ちょっとないかなと思うが。。。

 

と言う訳で、レシピです。

 

f:id:jet90:20200906203949j:plain

調理時間:約15分
材料費 :500円前後

材 料 (1人分)
 サーモンブロック     230g
 なるとの塩        小さじ1/2
 S&B塩こしょう      少々
 薄力粉          大さじ2
 水            大さじ3
 マヨネーズ        小さじ1
 パン粉          適量
 サラダ油(揚げ油)    適量
 ~タルタルソース~
 茹で卵          1個
 マヨネーズ        大さじ1
 たまねぎ(みじん切り)  1/4個
 紅生姜(みじん切り)   30g
 パセリ(みじん切り)   小さじ1
 レモン汁         小さじ1
 ~付け合わせ~
 レタス          2~3枚

作り方

1

写真をのせる

サーモンの皮目を包丁で擦って鱗を取る。下処理済みのパックでも残っています。
鰭の付け根など、硬い部分もあれば取り除く。
気になる方は皮を取ってもOK! 

 

2

写真をのせる

水気はキッチンペパーでしっかり拭き取り、両面になるとの塩を振って、冷蔵庫で10分程寝かしておく。 

 

3

写真をのせる

表面に臭みと一緒に水分が浮いてくるので、キッチンペーパーでしっかり水気を拭き取る。 

 

4

写真をのせる

大きめのひと口大に削ぎ切りにし、両面にS&B塩こしょうを振っておく。 

 

5

写真をのせる

 ボウルに薄力粉、マヨネーズと水を溶き、バッター液を作っておく。

 

6

写真をのせる

サーモンをバッター液に潜らせ、パン粉をつける。
パン粉はボウルに入れて作業すると付けやすい。 

 

7

写真をのせる

フライパンにサラダ油を170℃に熱し、サーモンを投入。
途中で一度ひっくり返して両面カラッと揚げたら油を切っておく。

 

8

写真をのせる

ボウルにタルタルソースの材料を全て入れ茹で卵をフォークで潰してからよく混ぜ合わせておく。

 

9

写真をのせる

レタスを盛った皿にサーモンフライを置き、タルタルソースを添えれば出来上がり。

 

あとがき

今回は卵をマヨネーズで代用した、変則バッター液を使用しました。
タルタルソースもピクルスの代用で、関西人大好き紅生姜です。