単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

エッビ・マヨマヨ・エビマヨ~♬ エッビ・マヨマヨ~♬

サイトマップ  

TVから懐かしいメロディーが流れている。
「エッビ・マヨマヨ・エビマヨ~♬ エッビ・マヨマヨ~♬」

そう、ピザーラのCM。7年ぶりに、あの「エビマヨダンス」が復活したとのこと。

昔、幼稚園児の息子二人がプールで取り合った、エビの浮き輪を思い出す。
夏休み、息子達にせがまれた妻は、よく市民プールに連れて行ってた。妻は自転車の前後に二人の息子と浮き輪と着替えのバックを積んで、高台のプールに続く坂道を駆け上がってた。小柄な妻だが、母は逞しい。

そんな次男が先日、妻の誕生日に、電動自転車をプレゼントした。

 

今日のレシピは、ピザじゃありません、中華の定番!エビマヨです。

f:id:jet90:20200718215616j:plain

調理時間:約15分
材料費 :500円前後

材料(2人分)

 アルゼンチン赤エビ        5尾
 酒(下処理用)          大さじ1
 片栗粉(下処理用)        大さじ1
 ~衣~
 卵白               1個分
 ☆片栗粉             大さじ3
 ☆ごま油             小さじ1
 ~マヨソース~
 ◆マヨネーズ           大さじ3
 ◆卵黄              1個分
 ◆練乳              大さじ1
 ◆レモン果汁           小さじ1
 ◆S&B塩こしょう         少々
 サラダ油(揚げ油)        適量
 キャベツの千切り         適量
 バターピーナツ          小さじ1
 パセリのみじん切り        少々
 

作り方

 1

写真をのせる 
キッチンバサミを、エビの殻の頭と胴の境目に入れて、頭を切り落とす。

2

写真をのせる 
切り口から尾の先端に向かって殻の背中側をキッチンバサミで切り開く。尾を持って、殻から身を引き出して外しておく。背ワタは取っておく。

3

写真をのせる
ボウルにエビと下処理用の片栗粉と酒を入れ、エビを揉み込むように洗う。

4

写真をのせる 
汚れが取れたら、流水で洗いザルに揚げる。

 5

写真をのせる
更に、キッチンペーパーで水気を拭き取る。

6

写真をのせる
ボウルに◆の材料を入れ、混ぜ合わせる。

7

写真をのせる
エビを縦半分に切っておく。

8

写真をのせる
別のボウルに衣の材料とエビを入れて、混ぜ合わせる。

9

写真をのせる
フライパンに、1cm深さの揚げ油を170℃に熱し、エビを5分ほど揚げ、油を切っておく。

 10

写真をのせる
6のマヨネーズソースに油を切ったエビを入れて和える。

11

写真をのせる
千切りキャベツを敷いた皿に盛り付ける。
砕いたバターピーナッツとみじん切りパセリを散らせば出来上がり。

 
あとがき

アルゼンチン赤海老の頭の部分はとっても美味しいので、捨てずに冷凍しておきます。
アメリケーヌソースにしてパスタと合わせると最高!

エビを捌くのに使ったキッチンバサミは、ダイソーで購入した「カーブキッチンバサミ」200円だったかな? 最近、店頭には並んで無いようだけど。。。
とっても使い易い。予備でもう一本買っとけばよかった。