単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

ハートカクテル『にんじんでブルースが吹けた日々』のビーフシチュー

サイトマップ 

ブルース好きの父から譲り受けたトランペットは、大学を卒業する時に売って、彼女の指輪に替わった。
住み慣れた街を出て、彼女と暮らすアパートは電車が通るたびに揺れる。21回目の誕生日に彼女と彼女の友人が、私のために料理を作ってくれた。
シーフードサラダとビーフシチュー。奮発した赤ワインの1/5が揺れるころ、友人が「トランペット、聞きたいな」
「今、修理中なんだ。。。」
「な~んだ、残念」
「チョット、待ってて。。」と使い残しのにんじんに目をやり、即興で穴をあけて作ったサックスでブルースを吹いた。

 

それから1か月、別れた彼女から電話。
「指輪、返すわ」
「捨ててくれ」

更に3か月して、彼女と会うことになった。
彼女の指にはリングは無かったが、差し出した小包はあの時のトランペット。

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

f:id:jet90:20210118221203j:plain

調理時間:約40分
材料費 :300円前後

材 料 (1人分)
 野菜屑        適量
 水          300ml
 酒          大さじ1
 にんじん       2cm
 じゃがいも(小)   1個
 小蕪         1個
 芽キャベツ      1個
 マッシュルーム    1個
 牛ロース肉(2cm厚) 135g
 ヒマラヤピンクソルト 少々
 黒胡椒        少々
 牛脂(肉屋で頂く奴) 1袋
 赤ワイン       大さじ1
 オーネのフォンドボー 1袋
 トマトケチャップ   大さじ1
 ウスターソース    大さじ1
 バター        10g
 薄力粉        大さじ2
 生クリーム      少々
 ラディッシュ     1個

作り方

1

写真をのせる  写真をのせる

冷凍庫に貯めてあった野菜屑。(にんじんの皮、カリフラワーの芯、玉ねぎの外皮、キャベツの芯などなど)
小鍋に水と、浸りきらないくらいの野菜屑と酒を入れて、火にかける。

落し蓋代わりにザルを載せて15分ほど煮出してベジブロスを取る。

 

2

写真をのせる 写真をのせる

ザルで濾して200mlあれば十分。

 

3

写真をのせる 写真をのせる

にんじんは、皮を剥いて1cm幅の輪切り、じゃがいもと小蕪は四つ割り、芽キャベツとマッシュルームは二つ割りにする。

グリルプレートに載せて、魚焼きグリルで焦げ目が付くくらいまで焼く。 

 

4

写真をのせる 写真をのせる

常温に置いてあった牛肉をキッチンペーパーでしっかり拭いて、両面にヒマラヤピンクソルトと黒胡椒を振っておく。

 

5

写真をのせる 写真をのせる

フライパンに牛脂を溶かし、牛ロース肉を中火でしっかり焼く。
毎回書いてるかもしれないが、牛脂は平たく延ばしてから冷凍しておくと便利!

 

6

写真をのせる

両面に焼き目がついたら、赤ワインでフランベする。

 

7

写真をのせる 写真をのせる

電気圧力鍋に牛肉とベジブロス、フォンドボー(オーネ)、トマトケチャップ、ウスターソースを加えて、加圧15分でスイッチON!

 

8

写真をのせる 写真をのせる

空いたフライパンにバター5gと薄力粉大さじ1を加えて火にかけて炒める。
ルーっぽくなったら更に、バター5gと薄力粉大さじ1を加えて炒める。

 

9

写真をのせる 写真をのせる

この位茶色くなるまで炒めたらOK! 

加圧が終わった圧力鍋の蓋を外してスイッチON!
ルーを少しずつ加えてとろみを付ける。 

 

10

写真をのせる

皿に牛肉を置き、ソースをかけて焼いた野菜を並べる。
生クリームを回しかけ、薄くスライスしたラディッシュを散らせば出来上がり。

 

 

あとがき

オーネのフォンドボーが鍵ですね(*^^)v