単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

野菜高騰により、野菜ジュースdeスペアリブのカレー、キノコのバターソテー添え

サイトマップ 

暦の上ではもう秋なのだが、これからが夏本番って、どういう事?
あれこれ言っても始まらない、暑いこの時期に食べたくなるのはやっぱりカレーだ。

世の男性各位、奥様から「今日何食べたい?」の問いかけに、「カレーでいいよ」だの「素麺でいいよ」だの、仰ってませんか?
ここは、”で” ではなく ”が” をお使いください。「カレーがいいわ」、「素麺がいいわ」です。”で” と ”が” この一文字が、地雷を踏むことになるやもしれない。とは、読者の tinamona さんとのお話です。

毎日、家族のために料理を作ってくれる奥様方は、少しでも お安い食材で、美味しく作ろうと、遠くのスーパーへ買い出しに出掛けたり、ネットのレシピサイトを覗いたりと苦労が絶えない。長梅雨の影響もまだまだ、高騰する野菜にも頭を悩ませている、今日この頃。

今日使う野菜は玉ねぎだけ、後は野菜ジュースで代用する。具材はキノコ類を多用してみます。

 

と言うことで、レシピです。

 

f:id:jet90:20200809183916j:plain

調理時間:40分
材料費 :1000円(3人分)

材 料 (3人分)
 スペアリブ          300g
 S&B塩こしょう        少々
 プレーンヨーグルト      大さじ3
 チューブ入りニンニク     3cm
 チューブ入り生姜       3cm
 サラダ油           大さじ1
 クミンシード         小さじ1/2
 たまねぎ(粗みじん切り)   210g
 薄力粉            大さじ3
 ☆カレー粉          大さじ3 
 ☆カルダモン         小さじ1/2
 ☆ガラムマサラ        小さじ1/2
 ☆ターメリック        小さじ1/2
 ☆ナツメグ          小さじ1/2
 ☆チリペッパー        小さじ1/2
 野菜ジュース         500ml
 なるとの塩          二つまみ
 ◆エリンギ          120g
 ◆ブナシメジ         120g
 ◆シイタケ          3枚
 ◆マッシュルーム       6個
 バター            30g
 S&B塩こしょう        少々
 温かいご飯          1合
 パセリのみじん切り      少々

作り方

1

写真をのせる

スペアリブはキッチンペーパーで水気を拭き取り、S&B塩こしょうを振っておく。

 

2

写真をのせる

ビニール袋にプレーンヨーグルト、ニンニク、生姜をいれて袋の上からよく揉んで混ぜ合わせる。

 

3

写真をのせる

ビニール袋にスペアリブを入れて全体にヨーグルトが行き渡るようにし、空気を抜いて密閉して、冷蔵庫で1時間以上寝かせておく。

 

4

写真をのせる

フライパンにサラダ油とクミンシードを入れて中火にかける。
クミンシードが沸々してくるまで炒める。

 

5

写真をのせる

粗めにみじん切りにした玉ねぎを投入し、分量外の水50mlを加える。
水が煮立ってくる間に玉ねぎの甘みが出る。

 

6

写真をのせる

水分が蒸発してから更に炒め続ける。

 

7

写真をのせる

どんどん茶色く色付いてくる。全体がきつね色になるまで炒める。

 

8

写真をのせる

薄力粉を投入して、粉気がなくなるまで、焦げないように注意して炒める。

 

9

写真をのせる

☆のスパイスを投入し、全体に馴染むまで炒める。

 

10

写真をのせる

電気圧力鍋の内釜に3の中身を全て投入する。野菜ジュースも投入して密閉し、加圧15分でスイッチON!

 

11

写真をのせる

圧力鍋が保温に切り替わり、圧が下がったら、9のカレールーを加えて、蓋を開けたまま、とろみがつくまで加熱する。
ここで、塩加減を味見する。今回は、なるとの塩二つまみ追加。

 

12

写真をのせる

ブナシメジはイシツキを落として子房に分ける。エリンギは4cm長さに切り揃え、縦半分に切ってから、2~3mm厚さの短冊切り、椎茸は軸を落として、5mm幅にスライスしておく。
フライパンを熱してバターを溶かし、◆のキノコ類を投入し、S&B塩こしょうを振って炒める。

 

13

写真をのせる

皿にご飯を盛り付けて、スペアリブを盛り付け、カレーをかける。炒めたキノコ類を添えて、パセリのみじん切りを散らせば出来上がり。

 

あとがき

具材の野菜がないので、玉ねぎは粗みじんに切る。炒める前に水を加えて煮ると火の通りが早く、甘みが出やすい。

市販のカレールーで、薄力粉、カレー粉、クミンをはじめスパイスは省略できます。