単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も11年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

妻曰く、「”生ごみ”で作るのやめて!」☆カツon the 市販のルーの素カレー♬

サイトマップ 

実家の台所が立ち入り禁止になってるいくつかの原因の一つ。
野菜屑と鶏肉を掃除した時の皮などを冷凍していること。
妻に言わせれば”生ごみ”なんだが、気が向いたら出汁をとって、なんかに使おうって考える。

出汁をとった人参も刻んで具材に活用することもあるが、今日は「素カレー」なので、敢えて具材は無し。
質素倹約、ケチケチレシピかと思いきや、二晩分の献立が一晩で消え去る、世の主婦の方々には不評のメニューの代表格の「カツカレー」
お家ではめったに出てこない。世の男性にとっては何とも贅沢な一品だ

 

 

ということでレシピです。

 

カツカレーを作るのは、なんか疲れーるわ( ゚Д゚)

 

 

f:id:jet90:20220116075413j:plain

調理時間:約15分
材料費 :300円前後

材 料 (1人分)
 
温かいご飯        1合
 水            250ml
 玉ねぎの茶色い皮     1/2個分
 人参の皮(大)      1/4本分
 キャベツの外葉      1/2枚
 鶏肉の皮など       25g
 酒            小さじ1
 市販のカレーのルー    1片
 作り置きのとんかつ    1枚
 サラダ油(揚げ油)    適量

 ☆クミンシード      少々
 ☆ガラムマサラ      少々
 ☆カルダモン       少々
 ☆チリペッパー      少々
 バター          10g

作り方

1

写真をのせる

鶏肉を掃除した時の皮などと野菜屑(キャベツの外葉、玉ねぎの茶色い皮、人参のヘタと皮)
写真は水1000ml分です。

 

2

写真をのせる

野菜屑はザっと流水で洗って、鶏肉の皮と酒水と一緒に鍋で10分ほど煮る。
アクが出れば取っておく。

 

3

写真をのせる

出汁が取れたらざるで濾しておく。

 

4

写真をのせる

フライパンにバター、☆のスパイスをフライパンで炒める。

 

5

写真をのせる

香りが立ったら火を止める。

 

6

写真をのせる

フライパンにベジブロス(出汁)を加えて煮立たせる。

 

7

写真をのせる

火を止めて市販のカレールーを投入して放置。

 

8

写真をのせる

パン粉を付けて冷凍してあった「とんかつ」
パン粉の付け方は、

9

写真をのせる

揚げ油を170℃に熱し「とんかつ」を揚げる。
揚げ方は、

10

写真をのせる

フライパンのルーを混ぜて溶かしたら、中火にかけてルーを煮立たせて好みのとろみがつくまで煮詰める。

 

11

写真をのせる

皿にご飯を盛って、カレーをかける。
揚げ上がった「とんかつ」を切ってカレーライスの上に置けば出来上がり。

 

 

あとがき

酒を加えると出汁が出やすくなります。
スパイスも色々使いましたが、ルーだけでも十分ですね。