単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」の手羽焼き

サイトマップ 

前回投稿した「植野食堂」のレシピは第115弾目!

今回は第107弾目!「竹鶴鶏店」の手羽焼き

創業1882年(明治15年)およそ140年の老舗の鶏肉店。3代目の店主もこの道60年の大ベテランだが、2代目の店から勤めている従業員の大大ベテランは、御年87歳。
亡くなったうちの親父と同い年とは驚きだ。

備え付けの回転式専用ロースターも昔、地元の商店街のかしわ屋で見た懐かしい機械。
男はこういう、サンダーバード的な機械の動きがたまらなく好きなんだよね。

鳥だけに。。。
 

専用ロースターがなくても家庭用オーブンで作れるらしいが、それもないので、いつものミニオーブンで焼いてみる。

 

 

ということでレシピです。

 

大丈夫! 大丈夫!  大丈夫だってば~

 

 

f:id:jet90:20210911192128j:plain

調理時間:約1時間30分
材料費 :300円前後

材 料 (1人分)
 鶏
手羽      4本
 なるとの塩    少々
 きび砂糖     大さじ1
 酒        大さじ1
 みりん      大さじ2
 醤油       大さじ2

作り方

1

 

手羽は、塩をふって20分ほど冷蔵庫に置いておく。
手羽先を切り落とし、キッチンペーパーで手羽中の余分な水気を拭き取っておく。

 

2

 

ビニール袋に調味料を入れ、混ぜ合わせる。
手羽中をタレに漬けてよく揉み込んで1時間冷蔵庫に置く。

 

3

 

グリルパンに皮目を上にして並べて置き、魚焼きグリルの弱火で焼く。
5分焼いたらひっくり返して更に5分焼く。

 

4

皮目を上にして、表面にタレを塗りながら焼くを5回くらい5分程焼く。

 

5

皿に盛り付ければ出来上がり。

 

 

あとがき

おまけ

  

切り落とした手羽先は、包丁の背で叩いて、水400ml、生姜、長ネギを小鍋で30分ほど煮る。
アクは丁寧に取り除く。
なるとの塩、白胡椒は各一つまみで味を調整する。手羽先の骨を砕いておくと、骨髄が出やすく、白濁した白湯になる。

 

 

春雨30gを3分ほど茹でる。

 

  

溶き卵1個分でかきたまスープに。。。