単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

日本一ふつうで美味しい「植野食堂」の青菜炒め

サイトマップ 

前回投稿した「植野食堂」のレシピは第70弾目! 今回も順番無視するので、判らなくなってた人は、お品書きでご確認を。。。

今回の第54弾目!「老酒舗」の青菜炒め。

先日投稿した私の青菜炒めは、 

やはり豚肉メインの青菜炒めだが、「老酒舗」は青菜(小松菜)メインというか、小松菜オンリーのレシピ。「植野食堂」のレシピでは食材・手順とも最もシンプルな料理だが、鶏がらスープは勿論きちんと仕込んでいるし、小松菜も自家農園で栽培したものを使っている。
なので、当然同じ様には出来ないのだが、番組公式レシピ通りに作ってみる。

 

 

 

 

ということでレシピです。

 

みんな! 植野食堂で、会おうな! いため 

 

 

 

f:id:jet90:20210502115931j:plain

調理時間:約30分
材料費 :100円前後

材 料 (1人分)
 小松菜         150g
 にんにく(みじん切り) 1片
 鷹の爪(輪切り)    2本分
 なるとの塩       小さじ1/2
 砂糖          大さじ1/2強
 白胡椒         少々
 水           600ml
 味覇          12g
 サラダ油        大さじ1

作り方

1

 

小松菜はよく洗って30分以上は水に漬けておく。
茎の部分は約3cm、葉は大きめにカットする。

 

2

 

鷹の爪は輪切り、にんにくを包丁でつぶしてからみじん切りにする。
フライパンで湯を沸かし、味覇を溶かしてスープを用意する。

 

3

 

沸騰したスープで小松菜の軸部分、葉の部分を順に投入し、約10秒湯通しする。

 

4

 

ザルにあげスープを切って、なるとの塩・砂糖・こしょうをかける。

 

 

フライパンにサラダ油を入れ、にんにくと鷹の爪を強火で熱する。
小松菜を入れ、強火で約10秒炒めて火から下ろす。

 

直ぐに皿に盛り付ければ出来上がり。
小松菜をゆでた鶏がらスープで搔き玉中華スープを添えました。

 

 

あとがき

炒める間は常に強火です。