単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も11年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

ウォーバ・ストラパッツァーテ・ス・リゾットで、あってる? スクランブルエッグ・リゾット

サイトマップ 

基本的には日本語しか喋れません。イタリア語、フランス語、スペイン語は、お店のメニューくらいは読めるレベル。
「ウォーバ・ストラパッツァーテ・ス・~」は、何処かのお店で見たメニュー。
なんかの上に、スクランブルエッグが載った料理だった。
スクランブルエッグって、料理名はあまり好きではない。「丁寧には作ってませんよ」って言ってる気がするから。

イタリア語やフランス語は、性別でスペルや発音が変わるし、何といっても前置詞の使い方がよくわからん。

ス or シャ ? 
接触してるかどうか?
支えてるかどうか?
 

 興味ないですよね。。。

ということでレシピです。

 

 

 

f:id:jet90:20210315184416j:plain

調理時間:約30分
材料費 :200円前後

材 料 (1人分)
 水             500ml
 出汁昆布          2g
 オーネ・フュメドポアソン  3g
 アサリ           10粒
 白ワイン          大さじ1
 菜の花           2本分
 オリーブオイル       適宜
 ニンニク(みじん切り)   1片
 アーリーレッド(みじん切り)1/4個
 米             1合
 なるとの塩         少々
 黒コショウ         少々
 パルミジャーノレッジャーノ 大さじ2
 生クリーム         30ml
 卵             2個
 ラディッシュ        1個
 パセリのみじん切り     一つまみ

作り方

1

 

小鍋に水、出汁昆布、オーネのフュメドポアソン、アサリ、白ワインを入れて中火にかける。
煮立ったら、弱火にし15分ほど煮る。

 

2

 

菜の花は軸の素を1㎝程切り落とし、5分ほど水につけておく。
軸から葉を剝がす様に切る。

 

3

 

レンジスチーマーに入れ、電子レンジ600Wで1分半加熱。
軽く水気を絞って、5㎝長さに切りそろえる。

 

4

 

フライパンにオリーブオイル(大さじ1)とニンニクを入れ弱火で揚げ焼きし、香りが立ったらアーリーレッドも加えて中火で炒める。

 

5

 

アーリーレッドが透き通ってきたら米を投入。
軽く煽って米にオリーブオイルを馴染ませる。

 

6

 

アサリとフュメの出汁を茶漉しで濾して1/4量を投入。
出汁は熱々にしておくこと。

 

7

米が一気に出汁を吸うので、更に1/4量を加えて煮る。出汁がなくなったら都度、1/4量を加えて煮る。
アサリは貝から外してリゾットに加えておく。

 

8

 

味を見てなるとの塩(一つまみ位でOKでした)と黒胡椒を加えて調整する。
米に若干芯が残ってるくらいで、パルミジャーノレッジャーノを削って加え、生クリームも投入して全体に馴染んだら火から降ろす。

 

9

 

ボウルに卵を割り入れ、なるとの塩一つまみを加えてピーターで溶く。
湯煎にかけて混ぜ続ける。

 

10

 

しっかり泡立てながら固めていくとクリーム状のスクランブルエッグになる。

 

11

こんな感じでOK!

 

12

リゾットを皿に平らに広げ、スクランブルエッグを載せる。
菜の花とラディッシュを盛り付け、オリーブオイルを回しかけ、パセリのみじん切りを散らせば出来上がり。

 

 

あとがき

リゾットは結構しっかり重いです。なんか、春っぽく、卵は軽く仕上げたくって、「油使わずに」と思って湯煎にしました。

はっきり言って、フライパンの方が楽です。洗い物も含めて、、、