単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

唐揚げ、竜田揚げ、ザンギといろいろありますが☆鶏のから揚げですね♬

サイトマップ 

 今、ドはまり中の素敵な女性料理ブロガーさんの「鶏のから揚げ」レシピです。

 

 下味のオイスターソース、溶き卵を使う衣は自分のレシピにはなかった。ただ、やっぱり片栗粉で揚げるんだと、共通点が嬉しい。

北海道の唐揚げは「ザンギ」と言うのだが、まだ食べたことはない。
一般的に、片栗粉を使うと「竜田揚げ」、薄力粉を使うと「唐揚げ」だと言われる。確かに「竜田揚げ」の謂れである「竜田川の白い波の上に浮かぶ赤いもみじ」は、片栗粉で揚げた白い衣が必要かもしれない。
しかし、コンスターチや米粉で揚げるレシピもあるからどうしたもんだろう?

自分なりの思いではあるが、竜田揚げは日本由来の料理だから下味にニンニクを使わないレシピ。「唐(トウ=古代中国)揚げ」としたらニンニクを使うレシピなんだろうと思っている。

今回は、かのブロガーさんのレシピを参考に、より白い竜田揚げに寄せた唐揚げにしてみる。

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

 f:id:jet90:20210223195115j:plain

調理時間:約15分
材料費 :300円前後

材 料 (2人分)
 
鶏もも肉       250g
 醤油         
小さじ2
 
オイスターソース   小さじ1
 
酒          小さじ1
 
みりん        小さじ1
 チューブ生姜     
1㎝
 チューブニンニク   
1㎝
 溶き卵        1/2個
 片栗粉        大さじ2
 片栗粉(塗す用)   適量
 サラダ油(揚げ油)  適量
 ~付け合わせ~
 水菜、からし
ラディッシュ
 蓮根

作り方

1

 

 

鶏肉の余分な水気をキッチンペーパーでしっかり拭き取り、一口大に切る。
ビニール袋に醤油、オイスターソース、酒、みりん、チューブ生姜、チューブニンニクを入れてよく揉みこんでから、冷凍庫に一晩おく。

 

2

 

揚げる直前に、余分な水気を切ってからボウルに移して、溶き卵と片栗粉を加えても見込む。

 

3

 

サラダ油を170℃に熱したら、片栗粉を塗し付けて投入。

 

4

2分ほど揚げたら一旦取り出して油を切る。1分ほど余熱で火を通し、再度170℃の油で1分ほど2度揚げする。
しっかり油を切っておく。

 

5

付け合わせを盛り付けた皿に、唐揚げを並べたら出来上がり。

 

 

 

あとがき

揚げ油に粉が落ちるので傷みますね(;^ω^)