単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

丸亀製麺のかしわ天って、こんなんだったけかな~ぁ?

サイトマップ  

丸亀製麺の創業者は初め、焼鳥屋さんだったってことは、皆さんご存じだったろうか?

2020年11月の創業20周年を記念して行われたうどん総選挙で、堂々1位に輝いた“タル鶏天ぶっかけ”が、この秋2年ぶりに復活する。

鶏天は言わずもがなの鶏もも肉の天ぷらだが、丸亀製麺の天ぷらの単品メニューに
は「かしわ天」がある。

「鶏天」はもも肉で、「かしわ天」はむね肉、ってことは、皆さんご存じだったろうか?

鶏天とは、大分県発祥の郷土料理といわれている。一方、主に西日本では鶏肉のことをかしわと呼ぶ人が多く、かしわ天は、香川県の名物でもある讃岐うどんの人気トッピングとして全国に広まった。

かしわ天は普通の天ぷらと違い、鶏肉をタレに漬け込んでから揚げるのも特徴の一つ。

 

 

 

ということでレシピです。

 

 

 

 

f:id:jet90:20210206115822j:plain

調理時間:約1時間
材料費 :300円前後

材 料 (2人分)
 
鶏むね肉        1枚
 ☆チューブおろし生姜  2cm
 ☆チューブおろしにんにく1cm
 ☆醤油         大さじ1
 ☆酒          小さじ2
 ★卵(溶き卵)     1個
 ★小麦粉        大さじ2
 ★片栗粉        大さじ2
 ★冷水         30ml
 揚げ油         適量
 ししとうがらし     4本

作り方

1

写真をのせる

鶏むね肉の皮と筋を丁寧に取り除き、長めのひと口大にそぎ切りにする。

 

2

写真をのせる

ボウルに☆調味料を入れてひと混ぜしてから、鶏むね肉を入れてよく揉み込む。
1時間、冷蔵庫で寝かせる。

 

3

写真撮れてなかった!!( ゚Д゚)

 

別のボウルに★衣のたねをいれて、かき混ぜる。
粉は篩って入れる!
決して混ぜすぎないように!粉っぽさが残っているくらいで!

 

4

写真をのせる

180度の揚げ油でカラッと揚げる。余熱で火を通すように!
楊枝で穴をあけたししとうがらしも一緒に揚げる。
皿に盛り付け、ししとうがらしをあしらえば出来上がり。

 

 

あとがき

関東に単身赴任する前、名古屋で7年間の単身赴任中に丸亀製麺で昼ご飯を食べてました。トッピングにはいつも「かしわ天」を選んでました。

大阪の妻のパート先のうどん屋さんのかしわ天も美味しいですよ。

 

水は絶対に冷水!

粉は篩って入れる!

決して混ぜすぎないように!

粉っぽさが残っているくらいで!

油から上げて、余熱で火が通ることを忘れない!