単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も11年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

今朝はお家でNYカフェ気分♫ エッグベネディクト

 サイトマップ

NY発祥と言われる「エッグベネディクト
日本では2014年頃にブームになった。
本場NYでもアレンジメニューが数多くある。
イングリッシュマフィンのトースト、ビスケット、パンケーキ。
ベーコン、ハムをサーモンなどのシーフードやほうれん草に変えたアレンジも多い。

ポーチドエッグとオランデーズソースもアレンジがあり、最早、何って感じ?

やっぱり普通のがいいんじゃないかと思う。

 

とは言え、NYのカフェには行ったことがない。というか、日本のカフェにも行ってないなぁ~

オランデーズソースは、エッグベネディクトに欠かせないソースだが、このソース、実はフランス高級料理の5つの基本ソースの1つと言われるほどのソース。

ただのホワイトアスパラのグリルが、オランデーズソースで立派なフレンチになる。

 

ということで、レシピです。

 

 

f:id:jet90:20201106204524j:plain

調理時間:約10分
材料費 :100円以下

材 料 (1人分)
 イングリッシュマフィン   1枚
 薄切りベーコン(ハーフ5枚)    40g
 卵             1個
 卵白(ソースに使った残り) 1個分
 酢             大さじ1
 湯             500ml
 ~オランデーズソース~
 卵黄            1個分
 バター           20g
 レモン果汁         2~3滴
 なるとの塩         少々
 黒胡椒           少々
 マヨネーズ         大さじ1/2
 ~付け合わせ~
 リーフレタス         一つかみ
 ミニトマト         2個

作り方

1

写真をのせる

バターを耐熱容器に入れて、電子レンジ600Wで20秒加熱。
卵黄、なるとの塩、レモン果汁、マヨネーズを加えてかき混ぜる。

 

2

写真をのせる

小鍋にお湯を沸かして酢を入れ、軽く沸騰が続く程度の弱火にする。
1で残った卵白と全卵をお椀などに割り入れておく。

 

3

写真をのせる

お湯をかき混ぜて渦を作っておいて、卵を渦の中心にそっと流し入れ、固まってきたら菜箸で形を整える。

 

4

写真をのせる

イングリッシュマフィンをトースターで焼き目が付くかどうかぐらい焼いておく。
ベーコンはフライパンで焼いておく。

 

5

写真をのせる

皿に付け合わせのリーフレタスとミニトマトを盛り付けておく。
マフィンを置いて、ベーコン、ポーチドエッグを載せ、オランデーズソースをかける。黒胡椒を挽いてかければ出来上がり。

 

 

あとがき

オランデーズソースは本来、マヨネーズを使わないレシピが正解ですが、私の好みで使っています。

お好みでどうぞ。

ベーコンも厚切りを使うと豪華ですが、食べにくいので、薄切りを多めに使っています。